視聴率記事一覧

黒い太陽の第6話につ

黒い太陽の第6話についてです。永井大さん主演のドラマ、黒い太陽。金曜ナイトドラマとしては歴代視聴率5位を記録し、大ヒットしました。つい先日も黒い太陽’07スペシャルとして一夜限りの復活を果たし、また話題を呼びましたね。今日は昨年放送された本編「黒い太陽」の中でも一気に物語の流れが変わる第6話をご紹介します。第6話についてお話しする前に、簡単にあらすじをお話しします。主人公立花篤は建築士を夢見ていましたが、父の借金と入院費を稼ぐため、夜の世界へと身を投じていきます。夜の世界を毛嫌いしながらも同じ境遇のキャスト千鶴に惹かれていき辞められないまま次第に夜の世界の虜となっていきます。主人公が働くキャバクラミントキャンディ等数多くの店を持つ社長、通称風俗王の藤堂。彼に才能を見込まれ、店長にまで上り詰めます。しかし、それは藤堂が後継者にと見込んだ長瀬の噛ませ犬にするためでした。それを知った立花は・・・。ここからが本題です。なんとしても藤堂や長瀬を見返してやりたい立花。そのために新人キャストを入れたり、衣装を変えたりしますが、効果が上がらず、ついには経費節減として黒服をやめさせたり、給料を5%カットして、黒服の反感を買います。さらにはキャストである笑子との関係が黒服にばれ、立花は袋だたきにあいます。さらに経済界の大物三宅川に呼ばれると、立花をホール長に降格すると藤堂が話しているのを聞かされます。なんとしても藤堂を追いつめたい立花は、千鶴に藤堂の弱点を探させます。そして、非合法の地下パーティのことを千鶴から聞かされ、それをネタに藤堂に店の権利を譲るよう迫りますが、千鶴は最後の最後で裏切り藤堂の側につきます。完璧に打ちのめされた立花は、店を辞め、そして1年後、別の店のボーイとして働き、再起を誓うところで第6話は終わります。

黒い太陽’07スペシャル、皆さんはご覧になりましたか。これから放送される地域もあるようですね。さてこの黒い太陽’07スペシャル、実は昨年放送され話題を呼んだ金曜ナイトドラマの黒い太陽の続編なのですが、ご存じでしたか。黒い太陽’07スペシャルは1年後の永井大さん演じる立花篤と彼を取り巻く世界について描かれています。今回は、本編のドラマの登場人物についてご紹介いたします。その前にご存じない方もいらっしゃると思うので、簡単に黒い太陽についてご説明いたします。黒い太陽は永井大さん演じる立花篤が、父の借金と入院費を稼ぐため、建築家の夢を諦め、夜の世界へと踏み入れるところから始まります。初めは夜の世界を嫌っていた立花ですが、次第にのめり込んでいき、夜の世界でのナンバー1にのし上がっていくという物語です。夜の世界の中でもキャバクラを舞台にしています。たくさんのキャスト(ホステス)、黒服が登場してきますが、その中から冬海についてご紹介いたします。冬美は立花が勤めるキャバクラ「ミントキャンディ」と同系列の「ピンクソーダー」のナンバー1キャストです。一月で2000万を売り上げる冬美は周囲の目を一気に引きつける華やかさを持っています。自らキャストとしての自分の実力を鼻にかけており、ミントキャンディのキャストを見下しています。立花の引き抜きの話に時給3万円と1000万円の支度金を用意するよう求め、彼が金を用意すると、立花をあざ笑い交渉に応じませんでした。しかし、風俗王藤堂の心が自分ではなく千鶴に向いてことが許せず、立花に接近し、千鶴のクビを条件に移籍話を持ちかけます。

黒い太陽’07の登場人物についてです。昨年、永井大さん主演でヒットしたテレビ朝日系の深夜ドラマ「黒い太陽」。先日’07スペシャルとして一夜限りの復活を果たしました。物語は主人公立花篤がキャバクラのボーイから初めて夜の世界のナンバー1へと成り上がっていく様子を描いています。本編のドラマでは立花がキャバクラ「レッドフェニックス」のオーナーとなり、一度は風俗王藤堂に勝利宣言したものの、売春斡旋容疑で逮捕され、パトカーに乗り込む瞬間に刺されて終わります。’07スペシャルはそこから1年後のお話です。今日はその’07スペシャルで新たに加わった登場人物についてご紹介します。最初の登場人物は三津谷葉子さん演じるリエ。彼女は立花が刺されてから1年後、キャバクラの厨房で働いているときに立花に引き抜かれたキャストです。父の借金を返済するためにキャバクラで働いているという1年前の千鶴と似ているところがあります。立花に教育され「One・Point」ナンバー1キャストとなり、身も心も立花に捧げ、立花と同棲中でしたが・・・。続いての登場人物は黒田勇樹さん演じる青山慶一です。青山は「One・Point」のアルバイトで「One・Point」のホームページを作成するなどITに長けた人物です。また、東京大学法学部に在学しており、数々のアイデアを出し、売り上げに貢献します。立花に株を進めたのも青山です。この他にもまだまだたくさんのキャストがドラマに華を添えています。是非ご覧になって下さいね。来年にはDVDも発売されるそうですよ。

黒い太陽の登場人物、桜井久美子についてです。昨年、大ヒットした金曜ナイトドラマ、「黒い太陽」をご存じですか。永井大さん演じる立花篤が、建築士の夢を持ちながらも父の借金と入院費のためキャバクラのボーイになります。次第に夜の世界の虜になっていき、夜の帝王となるべく成り上がっていく様子を描いたドラマです。昨年の連続ドラマに続き、先日、黒い太陽’07スペシャルとして1年ぶりに帰ってきました。このスペシャルも好評で、続編を望む声が数多くあるそうです。公式サイトのBBSにも数多くの書き込みがありました。今日はそんな話題の「黒い太陽」の登場人物をご紹介いたします。立花篤の父以外に唯一昼間の世界の住人、桜井久美子。彼女は立花の父が入院する徳翔会大田病院に看護士として勤めています。立花とは幼なじみであり、彼に想い寄せています。立花が夜の世界に足を踏み入れたことを聞くと、「夜の世界に染まらないで」と彼のことを心配します。同じ看護師仲間がキャバクラでバイトをしているのを知ると、体験入店してみようかなと立花に言いますが、立花は久美子が自分のように夜の世界に染まるのを嫌い、拒否します。しかし、立花の店「レッドフェニックス」で働く神崎にスカウトされ、キャストとして働くことになります。夜の世界に染まって欲しくないと思う一方、立花は店のため、立花と千鶴の関係を知った久美子が辞めると言い出すと、病院にばらそうとし、久美子は病院から謹慎処分を言い渡されます。しかし、最後は夜の世界から足を洗い、立花の父の最後を看取りました。


RSS関連リンク
黒い太陽 第7話
太陽」、2006年に永井大さん主演でドラマ化されました。深夜ドラマの歴代視聴率第5位という高視聴率を記録し、つい先日、黒い太陽'07スペシャルとして一夜限りの復活も果たしました。今日はその黒い太陽の第7話についてお話しします。黒い太陽

黒い太陽 第6話
大さん主演のドラマ、黒い太陽。金曜ナイトドラマとしては歴代視聴率5位を記録し、大ヒットしました。つい先日も黒い太陽'07スペシャルとして一夜限りの復活を果たし、また話題を呼びましたね。今日は昨年放送された本編「黒い太陽」の中でも一気に物語の

黒い太陽主題歌
昨年、テレビ朝日の深夜ドラマ、「黒い太陽」が放送され、話題を集めました。テレビ朝日の深夜ドラマとしては歴代5位の高視聴率だったそうですよ。その人気ドラマ「黒い太陽」の主題歌「友ダチ」。どなたが歌っているかご存知ですか。今日はその主題

黒い太陽の最高視聴率
方も多いと思います。なんとこの黒い太陽は深夜ドラマ歴代視聴率第1位を獲得したドラマなんですよ。今日はその黒い太陽の中でも最高視聴率(12.2%)を記録した第3話(2006年8月11日)のあらすじをご紹介したいと思います。

黒い太陽「千鶴」
視聴率5位という快挙を成し遂げた「黒い太陽」をご存知ですか。永井大さん演じる立花篤が父の入院費と借金を返済するため嫌っていた夜の世界で働きはじめ、次第に夜の世界の魅力に引き込まれていきます。そして夜の世界の帝王となるべく黒


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。