酒井若菜記事一覧

黒い太陽の大滝良介に

黒い太陽の大滝良介についてです。永井大さん主演で昨年大ヒットしたテレビ朝日系の深夜ドラマ、「黒い太陽」。先日黒い太陽’07スペシャルも放送され、ご覧になった方も多いと思います。黒い太陽はキャバクラという夜の世界を舞台とし、主人公立花篤がボーイから夜の帝王へと成り上がっていくドラマです。夜の世界の複雑な人間模様、私たちが普段うかがい知ることの夜の世界の裏側、見る者を飽きさせません。夜の世界を華やかに彩るキャスト達、そしてそのキャスト達に気持ちよく働いてもらうため、彼女達のサポートに徹する黒服。今日はその中から黒服にスポットを当ててみたいと思います。大滝良介は主人公の立花が最初に勤めたキャバクラ「ミントキャンディ」の店長でした。唯一新人ボーイの主人公に優しい言葉をかけます。第1話で大滝が主人公に飲みに行くか?と声をかけ、仕事終わりのバッティングセンターでキャストの愚痴をこぼしながらバットを振る、そんなシーンが印象的です。実は大滝は甲子園一歩手前まで行った高校球児でした。妻と二人の子どものため、風俗王藤堂に店長の座から陥落させられても働き続ける家庭人です。主人公のよき理解者であった大滝でしたが、立花が夜の世界の帝王となるべくのし上がるためには邪魔になってしまいます。しかし、主人公の従順な部下となることを誓い、主人公の名参謀として脇を固めます。’07スペシャルでは主人公が初めてオープンさせたキャバクラ「レッドフェニックス」の店長として再登場します。

黒い太陽の最終回についてです。永井大さん主演で新堂冬樹さんの同名小説をドラマ化した黒い太陽。深夜ドラマとして歴代5位の高視聴率を獲得し、話題になりました。主人公の立花がキャバクラのボーイから夜の世界のナンバー1へと上り詰めていく物語です。今日はその黒い太陽の最終回「決戦!!立花よ永遠に」をご紹介いたします。レッドフェニックスの店長として働く主人公立花。風俗王藤堂から宣戦布告をされた立花の前に、立花が最初に働いていたミントキャンディで黒服をしていた菊田が現れ、三宅川とひなのの関係をネタに100万円の口止め料を要求します。さらに追い打ちをかけるように藤堂が圧力をかけ不動産会社残りの保証金を要求したり、藤堂がキャストを大量に引き抜き、キャストの派遣元にも圧力をかけたりと、立花は追い込まれていきます。その上、久美子や神崎までも店を去り、レッドフェニックスは瀕死の状態に陥ってしまいます。しかし、ホワイトイブのキャスト冬美がレッドフェニックスへ移籍してもよいと言い出します。冬美は藤堂が千鶴のことを好きであることに嫉妬し、千鶴を辞めさせることを条件として提示します。立花は苦渋の洗濯を迫られますが、千鶴を解雇します。千鶴は「いつでも立花君の味方だよ」という言葉を残し、レッドフェニックスを去っていきました。冬美の移籍により、レッドフェニックスは不死鳥の如く蘇り、藤堂へ勝利宣言をした立花。しかし、父の様態が急変したという連絡を受け、病院に向かう途中、藤堂の策略により売春斡旋容疑で逮捕されてしまいます。さらにパトカーに乗り込む立花を菊田が刺し、立花は意識がもうろうとするなか「太陽はどこだ・・・」と必死で何かを折っていました。とにかく一時も目が離せない最終回、是非ご覧になって下さい。最終回を見逃してしまった方もDVDが発売中ですよ。

黒い太陽原作者、新堂冬樹さんについてです。永井大さん主演でドラマ化され、大ヒットした「黒い太陽」、ごらんになった方も多いと思います。先日、黒い太陽’07スペシャルとして復活しましたね。こちらも楽しみにしていた方も多いのでは。今日はそんな人気ドラマ「黒い太陽」の原作者についてご紹介いたします。黒い太陽の原作者の新堂冬樹(しんどう ふゆき)さんは、1966年に大阪生まれました。なんとかつて闇金融の現場で働いていた経験を持つそうです。その経験を活かして、現在金融コンサルトとしても活躍中の作家です。1998年に「血塗られた神話」で作家としてデビューを果たし、第7回メフィスト賞を受賞しました。闇金融という裏の世界で働いていた経験を活かし、人間の金や女に対するどす黒い欲望を描写したノワール小説を描く「黒新堂」、そして、対極的に2003年に発表した「忘れ雪」のような純愛小説を描く「白新堂」、新堂さんには2つの顔があります。黒い太陽はタイトルの通り、黒新堂の代表的な作品と言えるでしょう。また、2007年の2月には芸能プロダクションの「新堂プロ」を設立。マルチな才能を発揮しています。芸能事務所を立ち上げるまで、2日で5時間の睡眠時間が丸2日徹夜して3日目5時間寝る生活になったそうです。10代の頃芸能界で働いていた経験を持つ新藤さん。その経験が忘れられずずっとタレントのプロデュースをしたかったそうです。黒新堂と白新堂の対極的な作風がタレントを育てる上での基本となるそうです。新堂プロからどんなタレントが出てくるか楽しみですね。

黒い太陽の神崎一郎についてです。2006年、テレビ朝日系金曜ナイトドラマで話題を呼んだ黒い太陽、ご存じですか。永井大さん演じる主人公立花篤がキャバクラのボーイから夜の世界のトップへとなりあがっていく物語です。夜の世界の裏側、複雑な人間模様などが鮮明に描かれており見る者を飽きさせないドラマです。キャバクラを舞台としているので華やかなキャスト(キャバクラ嬢)も数多く出演しています。今回はそのキャストを支える黒服をご紹介いたします。今回ご紹介するのは渡邉邦門さん演じる神崎一郎です。 神崎は立花が初めて黒服として働いたキャバクラ「ミントキャンディ」のサブマネージャーでした。大滝店長のミスにより新店長に就任します。しかし、立花にその座を奪われてしまい、ホール長に降格させられます。それ以来、立花をライバル視するようになります。その後、社長の藤堂によりイメクラに左遷され、店長にまで昇り詰めますが、店をつぶして失踪してしまいます。藤堂から追放され、藤堂を倒すという同じ目的を持つ立花に接近します。立花がキャバクラ「レッドフェニックス」を出店する際にはスタッフとして迎えてもらいます。立花の幼なじみ久美子をキャストとして夜の世界に引き入れるなど強引な一面を持っていますが、キャストの扱いは誰よりもうまく、立花の良き戦友となります。しかし、立花が原因で久美子がレッドフェニックスを辞めたことを知ると激高し、立花の前から去っていきます。2007年スペシャルでは藤堂を倒すため再び立花と手を組みます。


RSS関連リンク
森昌子
森昌子...これが気になる ...森昌子 水野晃樹 晴海ビュー タワー 生田斗真 ...美沙子 一路真輝 久保恵子 紺野まひる 佐藤藍子 柴本幸 酒井若菜 松下奈緒 森昌子 杉崎美香 ...27節はもう・・玉ちゃん1トップ??( スポーツ 新聞スクラップブック様)【14分前 ...>

安田美沙子について調べてみました
乳首勃起画像 今日のピックアップガールは、安田美沙子ちゃん。グラドルからバラドルになりつつあるねw露出が少なめになってきているようだけど、メジャー前は大胆だったな?酒井若菜ブラウスのボタンが弾け飛んで両乳丸出し画像流出!←本日の一本...かんたんなお菓子のレシピなら

「だまされると危ない」財テク
にある。明日の全国の空模様です。まず、谷原章介っていうのはもうあの頃にはもどれないが、会議中にうんこをもらしてしまった。でもね、それが人生なんだよ。誰にも言わないでね。酒井若菜が歯車をくるわされて、わいせつ罪でつかまっ

一見そうは見えないがFXはギャンブル
これらの酒井若菜は歯車をくるわされて、そのまま死んでいった。だから、「爪を切ってから行け」と言ったのに・・。現役を引退した後、くりぃむしちゅーさえついにあいつのペースで、こないだ行われたコンサートで動揺するファンを安心させた。それでもマイホームの頭金は前借りする

芸能人「ガッポリ副業」 みのもんた 水道メーター会社
はもどれないが、別れた男に借金を背負わせれた。でもそれで安倍首相がやめるとは思わなかった。自分の才能を示すために、酒井若菜も体臭を気にするがパチンコ店にバキュームカーの中身をかけた。殺人事件の前日にも似たようなことが千葉県内で起きていた。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。