酒井若菜記事一覧

黒い太陽の第6話につ

黒い太陽の第6話についてです。永井大さん主演のドラマ、黒い太陽。金曜ナイトドラマとしては歴代視聴率5位を記録し、大ヒットしました。つい先日も黒い太陽’07スペシャルとして一夜限りの復活を果たし、また話題を呼びましたね。今日は昨年放送された本編「黒い太陽」の中でも一気に物語の流れが変わる第6話をご紹介します。第6話についてお話しする前に、簡単にあらすじをお話しします。主人公立花篤は建築士を夢見ていましたが、父の借金と入院費を稼ぐため、夜の世界へと身を投じていきます。夜の世界を毛嫌いしながらも同じ境遇のキャスト千鶴に惹かれていき辞められないまま次第に夜の世界の虜となっていきます。主人公が働くキャバクラミントキャンディ等数多くの店を持つ社長、通称風俗王の藤堂。彼に才能を見込まれ、店長にまで上り詰めます。しかし、それは藤堂が後継者にと見込んだ長瀬の噛ませ犬にするためでした。それを知った立花は・・・。ここからが本題です。なんとしても藤堂や長瀬を見返してやりたい立花。そのために新人キャストを入れたり、衣装を変えたりしますが、効果が上がらず、ついには経費節減として黒服をやめさせたり、給料を5%カットして、黒服の反感を買います。さらにはキャストである笑子との関係が黒服にばれ、立花は袋だたきにあいます。さらに経済界の大物三宅川に呼ばれると、立花をホール長に降格すると藤堂が話しているのを聞かされます。なんとしても藤堂を追いつめたい立花は、千鶴に藤堂の弱点を探させます。そして、非合法の地下パーティのことを千鶴から聞かされ、それをネタに藤堂に店の権利を譲るよう迫りますが、千鶴は最後の最後で裏切り藤堂の側につきます。完璧に打ちのめされた立花は、店を辞め、そして1年後、別の店のボーイとして働き、再起を誓うところで第6話は終わります。

黒い太陽の第2話についてです。テレビ朝日系金曜ナイトドラマ「黒い太陽」ご存じですか。昨年、永井大さん主演で話題を呼び、歴代視聴率第5位を記録しました。今日はその黒い太陽の第2話についてご紹介致します。物語は全8話。主人公立花篤が建築士の夢を抱きつつも、父の借金と入院費を稼ぐために夜の世界に身を投じます。夜の世界を嫌いながらも次第にその魅力に取り憑かれていき、風俗王藤堂を倒すため、夜の世界で成り上がっていく物語です。それでは第2話についてご紹介いたします。前回、客を殴ったことにより、謹慎処分になった立花。しかし、社長の藤堂は謹慎が終わったら立花をホール長へ昇格させるといいます。夜の世界で働くことに未だ抵抗感がある立花は藤堂に連れられて、キャバクラ「ピンクソーダー」へ行きます。そこで、ホール長長瀬と出会います。彼の無駄のない動き、見事な客の扱いに目を奪われた立花は、彼だけには負けたくない、と対抗意識を燃やします。そんなとき、一度は断られた設計事務所から空きが出来たから働かないか、と立花に電話がかかってきます。自らの夢を実現できると喜んだのもつかの間、入院費を催促され、お金のない惨めさを改めて思い知らされます。設計事務所の月給は16万。それに対し、ホール長になれば、80万を稼げる可能性があります。キャストの担当になればキャストの売り上げの10%がさらに上乗せされます。立花は設計事務所への就職を蹴り、お金のために夜の世界で生きていく決意をします。金のため、と奈緒の裸で土下座をしろという要求にも従い、ホール長になったことによる黒服のいじめにも耐えます。そしてある日、千鶴が立花と同じように親の借金を返すためにキャストになったことを知ると、千鶴に「あんたをナンバー1にしてみせる」とつぶやきます。黒い太陽としての一歩を歩み出した瞬間です。第2話も目が離せませんよ。

黒い太陽原作者、新堂冬樹さんについてです。永井大さん主演でドラマ化され、大ヒットした「黒い太陽」、ごらんになった方も多いと思います。先日、黒い太陽’07スペシャルとして復活しましたね。こちらも楽しみにしていた方も多いのでは。今日はそんな人気ドラマ「黒い太陽」の原作者についてご紹介いたします。黒い太陽の原作者の新堂冬樹(しんどう ふゆき)さんは、1966年に大阪生まれました。なんとかつて闇金融の現場で働いていた経験を持つそうです。その経験を活かして、現在金融コンサルトとしても活躍中の作家です。1998年に「血塗られた神話」で作家としてデビューを果たし、第7回メフィスト賞を受賞しました。闇金融という裏の世界で働いていた経験を活かし、人間の金や女に対するどす黒い欲望を描写したノワール小説を描く「黒新堂」、そして、対極的に2003年に発表した「忘れ雪」のような純愛小説を描く「白新堂」、新堂さんには2つの顔があります。黒い太陽はタイトルの通り、黒新堂の代表的な作品と言えるでしょう。また、2007年の2月には芸能プロダクションの「新堂プロ」を設立。マルチな才能を発揮しています。芸能事務所を立ち上げるまで、2日で5時間の睡眠時間が丸2日徹夜して3日目5時間寝る生活になったそうです。10代の頃芸能界で働いていた経験を持つ新藤さん。その経験が忘れられずずっとタレントのプロデュースをしたかったそうです。黒新堂と白新堂の対極的な作風がタレントを育てる上での基本となるそうです。新堂プロからどんなタレントが出てくるか楽しみですね。

黒い太陽の登場人物、桜井久美子についてです。昨年、大ヒットした金曜ナイトドラマ、「黒い太陽」をご存じですか。永井大さん演じる立花篤が、建築士の夢を持ちながらも父の借金と入院費のためキャバクラのボーイになります。次第に夜の世界の虜になっていき、夜の帝王となるべく成り上がっていく様子を描いたドラマです。昨年の連続ドラマに続き、先日、黒い太陽’07スペシャルとして1年ぶりに帰ってきました。このスペシャルも好評で、続編を望む声が数多くあるそうです。公式サイトのBBSにも数多くの書き込みがありました。今日はそんな話題の「黒い太陽」の登場人物をご紹介いたします。立花篤の父以外に唯一昼間の世界の住人、桜井久美子。彼女は立花の父が入院する徳翔会大田病院に看護士として勤めています。立花とは幼なじみであり、彼に想い寄せています。立花が夜の世界に足を踏み入れたことを聞くと、「夜の世界に染まらないで」と彼のことを心配します。同じ看護師仲間がキャバクラでバイトをしているのを知ると、体験入店してみようかなと立花に言いますが、立花は久美子が自分のように夜の世界に染まるのを嫌い、拒否します。しかし、立花の店「レッドフェニックス」で働く神崎にスカウトされ、キャストとして働くことになります。夜の世界に染まって欲しくないと思う一方、立花は店のため、立花と千鶴の関係を知った久美子が辞めると言い出すと、病院にばらそうとし、久美子は病院から謹慎処分を言い渡されます。しかし、最後は夜の世界から足を洗い、立花の父の最後を看取りました。


RSS関連リンク
酒井若菜も美容整形だった?
そうです。現在は身長の数値は公表しているものの、スリーサイズは非公開としているようです。そんな酒井若菜さんにも美容整形の噂が・・・ 酒井若菜 美容整形前画像 美容整形後画像 酒井若菜の脳内 → BLOGRANKING いかがでしたか???随分と変わりましたね!しかし、目元は中途半端な

"助演名優"部門 北村一輝
、NEWSにとって闇の舞台裏に迫ると旦那に腐った物をたべさせた。あれから何年になるだろう・・。すでに酒井若菜でさえイケメンの為ならいまもなお継続されている。あくまで架空である。自分の才能を示すために、真山景子もバッシングの嵐こないだ行

芸能人「ガッポリ副業」 みのもんた 水道メーター会社
大物役者にかわいがられたスナックの女に金を騙し取られた。あれ以来体中が痒くてたまらないらしい。俺としては、酒井若菜ももうあの頃にはもどれないが、スナックの女に金を騙し取られた。いわゆる、「ギャンブル」の原点はそこにある。

初o(´▽`)
モチ、女の子ですゎww 【性別】 ・マイペース ・お人好し ・気分屋 ・好き嫌いがハッキリしてる ・強がり 【好きな芸能人】 ・釈由美子 ・松雪泰子 ・酒井若菜 ・小栗旬 ・塚本高史 ・小泉孝太郎 【趣味】 ・音楽鑑賞 ・読書 ・カラオケ ・ゲーム ・映画鑑賞 ※音楽はなんでも聴くし、ゲームもなん

人気 マンガ情報
ました。2位は北条司 亀田親子 読む) 亀田 謝罪 会見 【亀田親子の謝罪会見】大毅選手は頭を丸めて終始無言 【動画】【酒井若菜】おっぱい揉まれ感じちゃってる!【動画】カルト系女ピン芸人 鳥居みゆきの憑依っぷり 【動画】杉本あやのヌード撮影風景は生唾モノ 【


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。