酒井若菜記事一覧

黒い太陽の第6話につ

黒い太陽の第6話についてです。永井大さん主演のドラマ、黒い太陽。金曜ナイトドラマとしては歴代視聴率5位を記録し、大ヒットしました。つい先日も黒い太陽’07スペシャルとして一夜限りの復活を果たし、また話題を呼びましたね。今日は昨年放送された本編「黒い太陽」の中でも一気に物語の流れが変わる第6話をご紹介します。第6話についてお話しする前に、簡単にあらすじをお話しします。主人公立花篤は建築士を夢見ていましたが、父の借金と入院費を稼ぐため、夜の世界へと身を投じていきます。夜の世界を毛嫌いしながらも同じ境遇のキャスト千鶴に惹かれていき辞められないまま次第に夜の世界の虜となっていきます。主人公が働くキャバクラミントキャンディ等数多くの店を持つ社長、通称風俗王の藤堂。彼に才能を見込まれ、店長にまで上り詰めます。しかし、それは藤堂が後継者にと見込んだ長瀬の噛ませ犬にするためでした。それを知った立花は・・・。ここからが本題です。なんとしても藤堂や長瀬を見返してやりたい立花。そのために新人キャストを入れたり、衣装を変えたりしますが、効果が上がらず、ついには経費節減として黒服をやめさせたり、給料を5%カットして、黒服の反感を買います。さらにはキャストである笑子との関係が黒服にばれ、立花は袋だたきにあいます。さらに経済界の大物三宅川に呼ばれると、立花をホール長に降格すると藤堂が話しているのを聞かされます。なんとしても藤堂を追いつめたい立花は、千鶴に藤堂の弱点を探させます。そして、非合法の地下パーティのことを千鶴から聞かされ、それをネタに藤堂に店の権利を譲るよう迫りますが、千鶴は最後の最後で裏切り藤堂の側につきます。完璧に打ちのめされた立花は、店を辞め、そして1年後、別の店のボーイとして働き、再起を誓うところで第6話は終わります。

黒い太陽の最終回についてです。永井大さん主演で新堂冬樹さんの同名小説をドラマ化した黒い太陽。深夜ドラマとして歴代5位の高視聴率を獲得し、話題になりました。主人公の立花がキャバクラのボーイから夜の世界のナンバー1へと上り詰めていく物語です。今日はその黒い太陽の最終回「決戦!!立花よ永遠に」をご紹介いたします。レッドフェニックスの店長として働く主人公立花。風俗王藤堂から宣戦布告をされた立花の前に、立花が最初に働いていたミントキャンディで黒服をしていた菊田が現れ、三宅川とひなのの関係をネタに100万円の口止め料を要求します。さらに追い打ちをかけるように藤堂が圧力をかけ不動産会社残りの保証金を要求したり、藤堂がキャストを大量に引き抜き、キャストの派遣元にも圧力をかけたりと、立花は追い込まれていきます。その上、久美子や神崎までも店を去り、レッドフェニックスは瀕死の状態に陥ってしまいます。しかし、ホワイトイブのキャスト冬美がレッドフェニックスへ移籍してもよいと言い出します。冬美は藤堂が千鶴のことを好きであることに嫉妬し、千鶴を辞めさせることを条件として提示します。立花は苦渋の洗濯を迫られますが、千鶴を解雇します。千鶴は「いつでも立花君の味方だよ」という言葉を残し、レッドフェニックスを去っていきました。冬美の移籍により、レッドフェニックスは不死鳥の如く蘇り、藤堂へ勝利宣言をした立花。しかし、父の様態が急変したという連絡を受け、病院に向かう途中、藤堂の策略により売春斡旋容疑で逮捕されてしまいます。さらにパトカーに乗り込む立花を菊田が刺し、立花は意識がもうろうとするなか「太陽はどこだ・・・」と必死で何かを折っていました。とにかく一時も目が離せない最終回、是非ご覧になって下さい。最終回を見逃してしまった方もDVDが発売中ですよ。

黒い太陽原作者、新堂冬樹さんについてです。永井大さん主演でドラマ化され、大ヒットした「黒い太陽」、ごらんになった方も多いと思います。先日、黒い太陽’07スペシャルとして復活しましたね。こちらも楽しみにしていた方も多いのでは。今日はそんな人気ドラマ「黒い太陽」の原作者についてご紹介いたします。黒い太陽の原作者の新堂冬樹(しんどう ふゆき)さんは、1966年に大阪生まれました。なんとかつて闇金融の現場で働いていた経験を持つそうです。その経験を活かして、現在金融コンサルトとしても活躍中の作家です。1998年に「血塗られた神話」で作家としてデビューを果たし、第7回メフィスト賞を受賞しました。闇金融という裏の世界で働いていた経験を活かし、人間の金や女に対するどす黒い欲望を描写したノワール小説を描く「黒新堂」、そして、対極的に2003年に発表した「忘れ雪」のような純愛小説を描く「白新堂」、新堂さんには2つの顔があります。黒い太陽はタイトルの通り、黒新堂の代表的な作品と言えるでしょう。また、2007年の2月には芸能プロダクションの「新堂プロ」を設立。マルチな才能を発揮しています。芸能事務所を立ち上げるまで、2日で5時間の睡眠時間が丸2日徹夜して3日目5時間寝る生活になったそうです。10代の頃芸能界で働いていた経験を持つ新藤さん。その経験が忘れられずずっとタレントのプロデュースをしたかったそうです。黒新堂と白新堂の対極的な作風がタレントを育てる上での基本となるそうです。新堂プロからどんなタレントが出てくるか楽しみですね。

黒い太陽の第1話についてです。2006年に永井大さん主演で大ヒットした金曜ナイトドラマ黒い太陽。今日はその黒い太陽からその栄えある第1話をご紹介したいと思います。第1話のタイトルは「キャバクラ嬢vs黒服」です。立花篤の父真一は借金の保証人となり経営していた工場を借金のかたに奪われ心労で倒れ植物状態となってしまいました。立花篤はそんな父の借金と入院費を稼ぐため新宿歌舞伎町のキャバクラ「ミントキャンディ」で黒服として働くこととなります。キャスト(キャバクラ嬢)が主役であるキャバクラで、黒服はひたすら彼女たちが気持ちよく仕事が出来るよう奴隷とも思われる扱いに耐えています。そんな夜の世界になじめない立花。実は彼は建築士という夢があり、どうしてもその夢を諦めきれずにいました。しかし、そんな中、同じように親の借金を返すためキャストになった千鶴に共感し、心を通わせるようになります。千鶴に執拗にボディタッチを繰り返す客を殴ってしまった立花。しかし、風俗王と呼ばれミントキャンディの社長でもある藤堂が下した決断は1週間の謹慎でした。さらに、復帰後、立花をホール長にするチャンスを藤堂は与えます。そしてある日、同系列のライバル店「ピンクソーダー」のホール長長瀬が店を完璧に仕切っている姿を見て、長瀬をライバル視するようになります。千鶴に心惹かれながらもこのまま毛嫌いする夜の世界にいていいものか悩む立花。そんなとき、面接を受けた建築設計事務所から採用の知らせがとどきます。建築士の夢をとるのか、それとも夜の世界に残るのか、立花に二者択一のときがやってきました。立花はどちらを選ぶのでしょうか。黒い太陽として成長していく主人公立花の第1歩が今踏み出されようとしています。第1話を見逃してしまった方はDVDが発売中ですのでご覧になってくださいね。


RSS関連リンク
婆ちゃん...秋刀魚うまかったぜ
作、秋刀魚 まぁ話には関係ないんだが。僕のブログのヘビーユーザ(そんなやついねぇ)ならご存じ高樹マリアさん。金曜日に黒い太陽にでてましたね。が、裸(泣) かなり濃厚って言うかモロなラブシーン...もう良いんじゃないでしょうか?「元

テレ朝が放送する「黒い太陽SP
) テレ朝が金曜ナイトドラマで「黒い太陽」を“復活"させたのには理由がある。「『黒い太陽』は金曜ナイトドラマ枠で、『特命係長 只野仁』や、『帰ってきた時効警察』に続く歴代5位の高視聴率を稼ぎました。金曜の

肩ごしの恋人 新着人気ブログ2007年夏ドラマ
感じではなかったのが、身近に感じられて良かったのかも。さて、『肩ごしの恋人』終わって、次は21日の『黒い太陽』SP ...≪≪映画「肩ごしの恋人」完成披露試写会開催≫≫ 映画「肩ごしの恋人」完成披露試写会開催!今月19日夕方

テレ朝が放送する「黒い太陽SP
ポスト「只野仁」狙いでテレ朝が放送する「黒い太陽SP」...「『黒い太陽』は金曜ナイト ドラマ 枠で、『特命係長 只野仁』や、『帰ってきた時効警察』に続く歴代5位の高視聴率を 稼ぎ ました。金曜の夜ですから、ビール

黒い太陽&受験の神様
、黒い太陽スペシャルの放送日でしたさ!1年ぶりの復活でしたが、黒い太陽はやっぱり面白いですよ?!ただ、中途半端な終わり方だったし、話の展開が微妙に早すぎでしたね!80分スペシャルだし、1日限りの復活でしたが、放送時間が短い


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。