酒井若菜記事一覧

黒い太陽ロケ地情報で

黒い太陽ロケ地情報です。永井大さん演じる立花篤が夜の帝王へとのし上がっていく人気ドラマ黒い太陽。今日はその人気ドラマ黒い太陽のロケ地をいくつかご紹介いたします。1つめのロケ地は主人公が最初に夜の世界の一歩を踏み出したキャバクラ「ミントキャンディ」。黒い太陽では欠かせないですよね。設定では新宿の歌舞伎町のキャバクラ、ということでしたが、実は銀座にあるオルフェ・マティオというお店です。ミントキャンディの入り口のみの登場で、店内はセットを作って撮影したそうです。続いてのロケ地は主人公がオーナーとしてオープンさせた渋谷道玄坂の「レッドフェニックス」の入り口。こちらは六本木で10年以上続くキャバクラ「Cha−Cha」です。風俗王藤堂が後継者にと指名した長瀬が店長を務める六本木のクラブピンクソーダー。こちらは新宿歌舞伎町のAMATERASです。店内でロケをしたようですよ。親の借金を返済するため夜の世界に身を投じた井上和香演ずる千鶴がOL時代にお弁当を食べていた噴水のある公園。こちらは日比谷公園です。さすがにキャバクラと違って気軽に行けるのでお近くの方は是非行ってみてくださいね。続いても回想シーンから。主人公立花篤とその父立花真一がキャッチボールをしていた土手。こちらは大田区の大師橋緑地を望む堤防です。主人公が子供のときに「人をだますな」と父親から言われたシーンが印象的でしたね。大人になった主人公がキャッチボールをしていた親子にボールを投げたシーンでも登場しました。

黒い太陽の原作者、新堂冬樹についてです。2006年に永井大さん主演で話題を呼んだテレビ朝日系の金曜ナイトドラマ「黒い太陽」。その原作者は誰だかご存じですか。金融業界や夜の世界に精通し、芸能プロダクションを立ち上げるなど、マルチな才能を発揮している作家新堂冬樹さんです。今日はその新堂さんの作品を紹介したいと思います。新堂さんといえば黒い太陽のようにダークな世界を描いた作品も多いですが、今回ご紹介するのはラブストーリー。新堂さんの違った一面が見えてきます。そのタイトルは「ある愛の詩」です。松田翔太と黒木メイサさん主演でドラマ化されました。今日はそのドラマのあらすじをご紹介します。沖縄の青い海で育った七瀬拓海、彼はイルカのテティスと共に幼い頃から多くの時間を過ごしてきました。ある日、拓海はいつものようにテティスに会いに海岸へやってきましたが、時間に遅れたため、テティスは姿を見せてくれませんでした。拓海がテティスを待っていると、どこからともなく美しい歌声が聞こえてきます。拓海が声のする方を見るとそこには東京の音大生・流香。そして、その歌声に導かれるようにテティスが姿を見せます。二人はテティスに導かれるように出会い、互いに惹かれ合います。そして、2日過ぎ、流香は東京に帰り、ミラノの国際コンクールへ出場するためのレッスンに励みます。母が流香を捨て、ミラノへ留学したことが心の傷となっており、母の気持ちを理解するため、どうしてもミラノへ行きたかったのです。拓海は流香の笑顔が見たいと流香を追いかけて上京します。しかし、そこで流香の父がミラノへの留学費用を出さないと言っているのを聞いてしまいます。流香の留学費用を稼ぐため、拓海はホストになります。黒い太陽とはまた違った純愛小説、是非読んでみてくださいね。

黒い太陽’07スペシャルが放送されました。これは2006年にテレビ朝日系金曜ナイトドラマで放送された「黒い太陽」の1年後を描いたものです。この黒い太陽、永井大さん演じる立花篤が、キャバクラのボーイから夜の帝王を目指す成り上がりドラマで、あの時効警察や特命係長只野仁に次ぐヒット作となりました。キャバクラを舞台にしたドラマということで華やかなキャスト(ホステス)がたくさん出演していました。今日はそんなキャストの中から酒井若菜演じる笑子をご紹介いたします。笑子は主人公立花がボーイとして働くキャバクラ「ミントキャンディ」の売り上げNo.3のキャストです。ミントキャンディのキャストはお色気でお客を落としていくタイプが多い中で、この笑子はテーブルを会話で盛り上げ売り上げを稼いでいます。立花に好意を寄せており、引き抜き話を盾とり、立花と交際することになりました。立花を親身になって支え、立花がオープンしたレッドフェニックスのキャストとなります。しかし、結局は立花に利用されていただけに過ぎず、元ナンバー1キャストの奈緒との軋轢、立花が千鶴を大切にするため千鶴への嫉妬心、その2つから笑子は次第に疑心暗鬼となり、立花と衝突し最後は店を去ってしまいます。先日放送された黒い太陽’07スペシャルでは久々に立花と再会します。再会した奈緒は立花にどう接するのか。見逃してしまった方もご安心下さい。DVDが来年1月に発売されるそうです。

黒い太陽DVD情報です。「特命係長・只野仁」や「時効警察」などテレビ朝日系の金曜ナイトドラマは社会現象になるものもあり目を離せません。そんな金曜ドラマの中で2006年に永井大さん主演で話題を呼んだ「黒い太陽」、つい先日も「黒い太陽’07スペシャル - 素っ裸でカッポレ」として85分拡大放送されましたね。ご覧になった方も多いと思います。そんな話題のドラマがDVD−BOXとして株式会社ポニーキャニオンから好評発売中です。闇金融や夜の世界に精通する新堂冬樹さん原作で漫画にもなった同盟の小説をドラマ化したものです。今回は「黒い太陽 ディレクターズカット版 DVD−BOX」ということで、テレビで放送された全8話の通常バージョンの他に、未公開シーンが70分も加わった豪華版です。4枚組で1枚に2話ずつ収録されており、お値段は税込みで15960円です。出演は主演の永井大をはじめとして井上和香、酒井若菜といった裏の世界を華やかに演じる女性陣、そして裏の世界の帝王として君臨する藤堂を演じる伊原剛志といった個性派俳優ばかりです。黒い太陽のストーリーをご紹介します。主人公は建築士を目指していた立花篤。彼の父親は借金を抱えたまま入院。立花は借金と父親の入院費を稼ぐため毛嫌いしていた夜の世界へ身を投じた。しかし、次第に夜の世界の魅力にとりつかれていく立花。風俗王藤堂を倒し、夜の世界の帝王となるため、立花は黒く成長していく。様々な人間模様、夜の世界の裏側まで鮮明に描いたドラマは見るものをひきつけて離しません。


RSS関連リンク
かわいいひと
なあ、って思うテレビの方を考えたのですが・・・。木村佳乃さん。麻生久美子さん。(時効警察かわいかったー!) 木村多江さん。酒井若菜さん。いつも目がいってしまいます。ドラマでも、CMでも。なんとなく、本当になんとなくですが 雰囲気がうっすら共通するものを持っている方々だ

燃える男
最近は酒井若菜が好き!こんばんわ。平凡ラビです。先日の日記で、DiA君に勘違いまがいの心配をされ、軽くショックです。DiA…大丈夫だよ?僕は今も昔も変...

thanks giving相田翔子
セミフォーマルとして着用できます。 だと言っていた。そして あの背中を押すシーンが良かったな そして、相田翔子 の 怪演 が印象に残った 小日向文世と田島令子は、どこかで見た様な演技だった 出演者は他に、佐々木蔵之介、酒井若菜 あみーゴ 、ピエール瀧 田山

りおんさん、けんくん、あっこちゃん、ゆうみ
だいぶブームも去ったけどやってみた 結果 酒井若菜35% 相田翔子35% 加藤ローサ35% こんな結果だった 3人とも大好きな女性芸能人だから 恐 れ 多 い でも美人に似てると言われて悪い気はしないのが人間心理 ちなみに写真は友達が しかも ことでw

虹の女神3相田翔子
松竹座)のヒット祈願を行った。そして 齊藤美如、網野酸【監督】熊澤尚人【出演】市原隼人、上野樹里、蒼井優、酒井若菜、鈴木亜美、相田翔子、小日向文世、田島令子【原作】桜井亜美『虹の女神〓RainbowSong』【サントラ】種ともこ『TheRainbowSong しかも 【59分


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。