永井大記事一覧

黒い太陽の主演、永井

黒い太陽の主演、永井大さんに関する情報です。2006年に永井大さん主演で話題を呼んだテレビ朝日系金曜ナイトドラマ「黒い太陽」。先日、黒い太陽’07スペシャルも放送されこちらも話題になりました。今日はその黒い太陽で主役を演じた永井大さんについてご紹介致します。黒い太陽は主人公立花篤がキャバクラのボーイからはじめて、夜の帝王になりあがっていくという物語です。’07スペシャルでは前作以上に非情で冷酷な男として登場します。人を道具として扱うその非情さに最初永井さんはとまどいがあったそうです。しかし、一歩間違えば死ぬかもしれない、そんな立場になれば非情になりきれる、また、男として逃げずに立ち向かっていく立花に元気をもらえると振り返っています。昨年の連ドラの撮影時には2日で6キロの減量に挑戦したそうです。どれくらい役にかけているか自分との闘いだったと語る永井さん。永井さんに大きな影響を与えたのは砂の器で共演した渡辺謙さんなのだそうです。「演技で謙さんと勝負しても勝てない。気持ちや肉体的な部分で何か一つ自信を。」と語る永井さん。この黒い太陽はそれだけ思い入れの強い作品ということでしょう。今回のスペシャル、通常の連ドラと違って二週間の撮影スケジュール、それだけ短い時間で立花を演じきれるか不安もあったそうです。ようやく立花を分かってきた、というところで撮影が終わってしまって寂しいと語る永井さん。スペシャルではまとめきれない立花の魅力、また連ドラで演じてみたいと意欲を燃やしていました。

黒い太陽の第2話についてです。テレビ朝日系金曜ナイトドラマ「黒い太陽」ご存じですか。昨年、永井大さん主演で話題を呼び、歴代視聴率第5位を記録しました。今日はその黒い太陽の第2話についてご紹介致します。物語は全8話。主人公立花篤が建築士の夢を抱きつつも、父の借金と入院費を稼ぐために夜の世界に身を投じます。夜の世界を嫌いながらも次第にその魅力に取り憑かれていき、風俗王藤堂を倒すため、夜の世界で成り上がっていく物語です。それでは第2話についてご紹介いたします。前回、客を殴ったことにより、謹慎処分になった立花。しかし、社長の藤堂は謹慎が終わったら立花をホール長へ昇格させるといいます。夜の世界で働くことに未だ抵抗感がある立花は藤堂に連れられて、キャバクラ「ピンクソーダー」へ行きます。そこで、ホール長長瀬と出会います。彼の無駄のない動き、見事な客の扱いに目を奪われた立花は、彼だけには負けたくない、と対抗意識を燃やします。そんなとき、一度は断られた設計事務所から空きが出来たから働かないか、と立花に電話がかかってきます。自らの夢を実現できると喜んだのもつかの間、入院費を催促され、お金のない惨めさを改めて思い知らされます。設計事務所の月給は16万。それに対し、ホール長になれば、80万を稼げる可能性があります。キャストの担当になればキャストの売り上げの10%がさらに上乗せされます。立花は設計事務所への就職を蹴り、お金のために夜の世界で生きていく決意をします。金のため、と奈緒の裸で土下座をしろという要求にも従い、ホール長になったことによる黒服のいじめにも耐えます。そしてある日、千鶴が立花と同じように親の借金を返すためにキャストになったことを知ると、千鶴に「あんたをナンバー1にしてみせる」とつぶやきます。黒い太陽としての一歩を歩み出した瞬間です。第2話も目が離せませんよ。

黒い太陽’07スペシャル、ご覧になりましたか。永井大さん演じる立花篤が、キャバクラのボーイから初めて夜の世界の帝王へと成り上がっていく物語です。実は、昨年金曜ナイトドラマとして放送され、高視聴率を獲得しました。前回、風俗王藤堂に一度は勝利宣言したものの、藤堂にはめられ売春斡旋容疑で逮捕されます。パトカーに乗り込む直前にも元同僚の菊田に刺されて道路に仰向けで倒れてしまったところで最終回が終わり、続編があるのか?と騒然となりました。そんな最終回から1年後、’07スペシャルとして黒い太陽は復活しました。その黒い太陽’07スペシャルのあらすじをご紹介します。物語も立花がさされてから1年後から始まります。立花はキャバクラの厨房で働いており、再び藤堂を倒す契機を狙っていました。そんなとき、厨房でしかられているキャスト、リエに来月店を出すから来ませんかと声をかける。そして立花は予告通り2ヶ月後、キャバクラ激安店「One・Point」をオープンします。全ては藤堂への復讐のため。立花が最初にオープンしたキャバクラ「レッドフェニックス」を再びオープンしようと画策していました。立花の元には神崎や大滝が集まり、復讐を誓います。さらには大学生青山もアルバイトとして採用し、彼の商才は売り上げアップに貢献します。立花は藤堂グループのキャバクラ「ピンクソーダー」から次々とキャストを引き抜きます。ようやく藤堂が立花の存在に気づいたとき、風俗王としての反撃を開始します。

黒い太陽第4話について今日はご紹介いたします。黒い太陽、昨年永井大さん主演で、テレビ朝日系金曜ナイトドラマで放送されました。このドラマは新堂冬樹さんの同名小説をもとに作られています。キャバクラという夜の世界を舞台にした物語で、主人公立花篤がキャバクラのボーイから夜の帝王へと上り詰めていく過程を描いています。キャストや黒服の複雑な人間関係、夜の世界の人間をあっと言わせたほど踏み込んだ夜の世界の裏側を描いており、見る者を飽きさせません。第3話でミントキャンディの店長にのぼりつめた立花、第4話では立花自ら黒い太陽に近づいていることを実感します。店長になってその手腕を思う存分発揮する立花。しかし、立花が店長になったことで降格された神崎は立花に反抗します。さらに、元ナンバー1キャストの奈緒は、千鶴にナンバー1を奪われたことで面白くありません。奈緒はピンクソーダーへ移籍し、立花は痛手を負います。さらに、笑子までもが引き抜き話があると言いだし、立花に付き合ってくれと迫ります。そんなとき、立花は藤堂に連れられ政財界の長老、三宅川の元へ。三宅川は立花を全裸にさせ、さらに三宅川の女達を目の前で悦ばせるよう言います。覚悟を決めたとき、三宅川は「もっと泥水を飲め」と立花を応援することを約束します。三宅川の言葉で吹っ切れた立花は、笑子と関係を持つことに。さらに三宅川が店に来た際、キャストのひなのを三宅川に差し出します。黒くなっていく立花は、唯一黒服の中で味方だった大滝さえも切り捨ててしまいます。第4話、是非ご覧ください。


RSS関連リンク
第36回
宏太が誰か分からん」ですよね(笑) あー明日仕事したくない なんか最近かっこいいなぁと思う幅が広がった気がします 誰を見てもかっこいいなぁと思うんですよね たとえば……… 永井大でしょ。玉木宏でしょ。坂口憲二でしょ。そんな多くなかった(笑) 昨日の

有意義
ってます。何か一大事が起こった後って成長できる。私のこと、必要としてくれる人がいる。一番幸せなことです。今日、接客がマジで楽しく感じられた。最近イヤイヤやってたけどwww 私は恋で盲目になりたくない。永井大似の人見かけたら連絡

先住民の悲劇
世界ウルルン滞在記の、特別編。。ずっと見てなかったんですけど、 ようやく見ました(汗) 永井大が、アマゾンの少数民族、カノエ族に会いに行くというお話。カノエ族は、アマゾンのジャングルに住む先住民で、20年ほど前は 60人ほどいたそうです。それ

・【再放送】「美女か野獣」
記者):八嶋智人 古袋博(報道部記者):佐々木蔵之介 白井雪乃(お天気キャスター):白石美帆 山本タケシ(報道部アシスタントディレクター):永井大 カッチン(放送作家):パパイヤ鈴木 田丸玲士(報道部長):清水章吾 鶴巻幸雄(報道部記者):志賀廣太郎 坂本大輔(カメラマン):山本

あとの祭り/わたしの健康法 渡辺淳一
。今回の総理は誘惑だって、24時間テレビでも親方と何度も衝突しそうになった。おかげでインフルエンザの感染者も増える一方だ。すでに永井大なのに社長さんにパチンコ店にバキュームカーの中身をかけた。死んで罪を償わねばなるまいな。よくある話だが、


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。