黒い太陽の視聴率につ

黒い太陽の視聴率についてです。昨年、大ヒットしたテレビ朝日系深夜ドラマ「黒い太陽」、深夜ドラマ(金曜ナイトドラマ)としては視聴率で歴代5位(11.16%)にはいる快挙を見せました。永井大さん演じる立花篤が夜の世界に嫌悪感を抱きながらも父の入院費用を稼ぐためにキャバクラのボーイとして働き始めます。しかし、次第に夜の世界の虜となって行き、風俗王藤堂を倒すため野望に燃え、黒く成長していきます。夜の世界を取り巻く人間模様、業界人も唖然となったリアリティある裏側を描いているドラマは見る人を飽きさせません。さて、冒頭にもご紹介しましたように黒い太陽は金曜ナイトドラマ視聴率で歴代5位に入りました。それでは歴代1〜4位は何だったか気になりませんか。今日はその歴代1〜4位をご紹介したいと思います。第4位は2003年に放送された「特命係長・只野仁」で平均視聴率は11.96%です。第3位は2007年に放送された「帰ってきた時効警察」で平均視聴率は11.99%です。第2位は2005年に放送された「特命係長・只野仁(2ndシーズン)」で平均視聴率は14.12%です。そして第1位は2007年に放送された「特命係長・只野仁(3rdシーズン)」で平均視聴率は14.35%です。特命係長・只野仁シリーズがベスト5中3本ランクインしています。また、時効警察も3位にランクインしたほか8位にもランクインしています。黒い太陽も今年の秋にスペシャル版として放送されるなど「特命係長・只野仁」や「時効警察」のようにシリーズ化を切望する声も多く聞かれます。またあの立花篤を見られる日が来るかもしれませんね。

黒い太陽原作者、新堂冬樹についてです。2006年に永井大さん主演で話題を呼んだテレビ朝日系の金曜ナイトドラマ「黒い太陽」。その原作者は誰だかご存じですか。金融業界や夜の世界に精通し、芸能プロダクションを立ち上げるなど、マルチな才能を発揮している作家新堂冬樹さんです。今日はその新堂さんの作品を紹介したいと思います。新堂さんといえば黒い太陽のようにダークな世界を描いた作品も多いですが、今回ご紹介するのはラブストーリー。新堂さんの違った一面が見えてきます。そのタイトルは「ある愛の詩」です。松田翔太と黒木メイサさん主演でドラマ化されました。今日はそのドラマのあらすじをご紹介します。沖縄の青い海で育った七瀬拓海、彼はイルカのテティスと共に幼い頃から多くの時間を過ごしてきました。ある日、拓海はいつものようにテティスに会いに海岸へやってきましたが、時間に遅れたため、テティスは姿を見せてくれませんでした。拓海がテティスを待っていると、どこからともなく美しい歌声が聞こえてきます。拓海が声のする方を見るとそこには東京の音大生・流香。そして、その歌声に導かれるようにテティスが姿を見せます。二人はテティスに導かれるように出会い、互いに惹かれ合います。そして、2日過ぎ、流香は東京に帰り、ミラノの国際コンクールへ出場するためのレッスンに励みます。母が流香を捨て、ミラノへ留学したことが心の傷となっており、母の気持ちを理解するため、どうしてもミラノへ行きたかったのです。拓海は流香の笑顔が見たいと流香を追いかけて上京します。しかし、そこで流香の父がミラノへの留学費用を出さないと言っているのを聞いてしまいます。流香の留学費用を稼ぐため、拓海はホストになります。黒い太陽とはまた違った純愛小説、是非読んでみてくださいね。

黒い太陽’07スペシャル、ご覧になりましたか。永井大さん演じる立花篤が、キャバクラのボーイから初めて夜の世界の帝王へと成り上がっていく物語です。実は、昨年金曜ナイトドラマとして放送され、高視聴率を獲得しました。前回、風俗王藤堂に一度は勝利宣言したものの、藤堂にはめられ売春斡旋容疑で逮捕されます。パトカーに乗り込む直前にも元同僚の菊田に刺されて道路に仰向けで倒れてしまったところで最終回が終わり、続編があるのか?と騒然となりました。そんな最終回から1年後、’07スペシャルとして黒い太陽は復活しました。その黒い太陽’07スペシャルのあらすじをご紹介します。物語も立花がさされてから1年後から始まります。立花はキャバクラの厨房で働いており、再び藤堂を倒す契機を狙っていました。そんなとき、厨房でしかられているキャスト、リエに来月店を出すから来ませんかと声をかける。そして立花は予告通り2ヶ月後、キャバクラ激安店「One・Point」をオープンします。全ては藤堂への復讐のため。立花が最初にオープンしたキャバクラ「レッドフェニックス」を再びオープンしようと画策していました。立花の元には神崎や大滝が集まり、復讐を誓います。さらには大学生青山もアルバイトとして採用し、彼の商才は売り上げアップに貢献します。立花は藤堂グループのキャバクラ「ピンクソーダー」から次々とキャストを引き抜きます。ようやく藤堂が立花の存在に気づいたとき、風俗王としての反撃を開始します。

黒い太陽DVD情報です。「特命係長・只野仁」や「時効警察」などテレビ朝日系の金曜ナイトドラマは社会現象になるものもあり目を離せません。そんな金曜ドラマの中で2006年に永井大さん主演で話題を呼んだ「黒い太陽」、つい先日も「黒い太陽’07スペシャル - 素っ裸でカッポレ」として85分拡大放送されましたね。ご覧になった方も多いと思います。そんな話題のドラマがDVD−BOXとして株式会社ポニーキャニオンから好評発売中です。闇金融や夜の世界に精通する新堂冬樹さん原作で漫画にもなった同盟の小説をドラマ化したものです。今回は「黒い太陽 ディレクターズカット版 DVD−BOX」ということで、テレビで放送された全8話の通常バージョンの他に、未公開シーンが70分も加わった豪華版です。4枚組で1枚に2話ずつ収録されており、お値段は税込みで15960円です。出演は主演の永井大をはじめとして井上和香、酒井若菜といった裏の世界を華やかに演じる女性陣、そして裏の世界の帝王として君臨する藤堂を演じる伊原剛志といった個性派俳優ばかりです。黒い太陽のストーリーをご紹介します。主人公は建築士を目指していた立花篤。彼の父親は借金を抱えたまま入院。立花は借金と父親の入院費を稼ぐため毛嫌いしていた夜の世界へ身を投じた。しかし、次第に夜の世界の魅力にとりつかれていく立花。風俗王藤堂を倒し、夜の世界の帝王となるため、立花は黒く成長していく。様々な人間模様、夜の世界の裏側まで鮮明に描いたドラマは見るものをひきつけて離しません。


RSS関連リンク
大分朝日放送のウワサ
27:15 鹿児島放送 10/12(金) 24:45 ? 26:10 琉球朝日放送 9/21(金) 23:15 ? 24:40 それぞれ ... 黒い太陽 '07スペシャル ...55 瀬戸内海放送 9/26(水) 24:45 ? 26:10 愛媛朝日テレビ 10/11(木) 24:16 ?

永井大のワードで検索してみまし
そして夜は入浴を...黒い太陽について 俳優の永井大(29)が主演したテレ朝系連続ドラマ「黒い太陽」が、スペシャルドラマ(9月21日、後11時15分)として復活することが7日、分かった。同作は新堂冬樹原作の小説で、昨年7月に

黒い太陽
「金が欲しい女、女が欲しい男。簡単な足し算と引き算の世界だ」 「愛情、同情、激情……。 今の俺に情がプラスになることはなにもない…。黒くなってやるよ」 「黒い太陽は…二ついらない」 いやー、黒いですねぇ。。

黒い太陽 '07スペシャル
チーフプロデューサー:五十嵐文郎 プロデューサー:藤本一彦、秋山圭一郎 演出:麻生学 脚本:樫田正剛 原作:新道冬樹「黒い太陽」 主題歌:「友ダチ」ユハラユキ 制作協力:ティーズ 制作:テレビ朝日 出演:永井大、伊原剛志、三津谷葉子、峰岸徹、マギー、黒田勇樹、 吹越満、渡邊邦門、

大分朝日放送のウワサ
15 鹿児島放送 10/12(金) 24:45 ? 26:10 琉球朝日放送 9/21(金) 23:15 ? 24:40 それぞれ ...黒い太陽 '07スペシャル ...55 瀬戸内海放送 9/26(水) 24:45 ? 26:10 愛媛朝日テレビ 10/11(木) 24:16 ?


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。