黒い太陽の視聴率につ

黒い太陽の視聴率についてです。昨年、大ヒットしたテレビ朝日系深夜ドラマ「黒い太陽」、深夜ドラマ(金曜ナイトドラマ)としては視聴率で歴代5位(11.16%)にはいる快挙を見せました。永井大さん演じる立花篤が夜の世界に嫌悪感を抱きながらも父の入院費用を稼ぐためにキャバクラのボーイとして働き始めます。しかし、次第に夜の世界の虜となって行き、風俗王藤堂を倒すため野望に燃え、黒く成長していきます。夜の世界を取り巻く人間模様、業界人も唖然となったリアリティある裏側を描いているドラマは見る人を飽きさせません。さて、冒頭にもご紹介しましたように黒い太陽は金曜ナイトドラマ視聴率で歴代5位に入りました。それでは歴代1〜4位は何だったか気になりませんか。今日はその歴代1〜4位をご紹介したいと思います。第4位は2003年に放送された「特命係長・只野仁」で平均視聴率は11.96%です。第3位は2007年に放送された「帰ってきた時効警察」で平均視聴率は11.99%です。第2位は2005年に放送された「特命係長・只野仁(2ndシーズン)」で平均視聴率は14.12%です。そして第1位は2007年に放送された「特命係長・只野仁(3rdシーズン)」で平均視聴率は14.35%です。特命係長・只野仁シリーズがベスト5中3本ランクインしています。また、時効警察も3位にランクインしたほか8位にもランクインしています。黒い太陽も今年の秋にスペシャル版として放送されるなど「特命係長・只野仁」や「時効警察」のようにシリーズ化を切望する声も多く聞かれます。またあの立花篤を見られる日が来るかもしれませんね。

黒い太陽は永井大さん主演で新堂冬樹さんの同名小説をドラマ化したものです。2006年にテレビ朝日系の金曜ナイトドラマで大ヒットしました。先日、’07スペシャルとしてその後が放送されたのでご覧になった方も多いと思います。なんとこの黒い太陽は深夜ドラマ歴代視聴率第1位を獲得したドラマなんですよ。今日はその黒い太陽の中でも最高視聴率(12.2%)を記録した第3話(2006年8月11日)のあらすじをご紹介したいと思います。第3話のタイトルはNo.1キャバ嬢誕生!!です。井上和香演じる千鶴は売り上げワースト3に入るキャスト。社長の藤堂から売り上げが上がらないキャスト2名をクビにすると宣言される。そんな千鶴の担当をあえて買って出た永井大演じる主人公立花。彼女の売り上げを伸ばす方法を考える。そんな中、上客の渋井が店にやってき、千鶴にチャンスが回ってきた。しかし、千鶴は同伴もアフターも断り、せっかくのチャンスを逃してしまう。注意されたことで千鶴は出店拒否に。立花の説得の甲斐あって店に戻ってきたが、成績は芳しくない。立花は千鶴の意識を変えようとわざと菊田に殴られ、千鶴をナンバー1にしたいと言い放つ。千鶴はOLを辞めキャスト1本でやっていく決意を固め、そんな千鶴に立花はドレスやジュエリーを買い与えて変身させる。そしてある日、ついに華麗に変身した千鶴は渋井を同伴して出勤。2週間後、ナンバー1の座を射止めた。その功績が認められ立花は一気に店長へと上り詰めていく。立花が黒い太陽へと変身していく様子に目が離せません。最高視聴率を記録したのも頷けます。

黒い太陽’07スペシャル、ご覧になりましたか。永井大さん演じる立花篤が、キャバクラのボーイから初めて夜の世界の帝王へと成り上がっていく物語です。実は、昨年金曜ナイトドラマとして放送され、高視聴率を獲得しました。前回、風俗王藤堂に一度は勝利宣言したものの、藤堂にはめられ売春斡旋容疑で逮捕されます。パトカーに乗り込む直前にも元同僚の菊田に刺されて道路に仰向けで倒れてしまったところで最終回が終わり、続編があるのか?と騒然となりました。そんな最終回から1年後、’07スペシャルとして黒い太陽は復活しました。その黒い太陽’07スペシャルのあらすじをご紹介します。物語も立花がさされてから1年後から始まります。立花はキャバクラの厨房で働いており、再び藤堂を倒す契機を狙っていました。そんなとき、厨房でしかられているキャスト、リエに来月店を出すから来ませんかと声をかける。そして立花は予告通り2ヶ月後、キャバクラ激安店「One・Point」をオープンします。全ては藤堂への復讐のため。立花が最初にオープンしたキャバクラ「レッドフェニックス」を再びオープンしようと画策していました。立花の元には神崎や大滝が集まり、復讐を誓います。さらには大学生青山もアルバイトとして採用し、彼の商才は売り上げアップに貢献します。立花は藤堂グループのキャバクラ「ピンクソーダー」から次々とキャストを引き抜きます。ようやく藤堂が立花の存在に気づいたとき、風俗王としての反撃を開始します。

黒い太陽原作に関する情報です。昨年放送された永井大さん主演の人気の深夜ドラマ「黒い太陽」。黒い太陽2007スペシャルとして一夜限りの復活を果たしましたよね。今日はその原作についてご紹介いたします。黒い太陽原作、実は新宿歌舞伎町のキャバクラ店長も思わず絶句したほどリアリティあふれる作品となっています。キャバクラに行ったことがない人でも、この本を読むと業界の表はもちろん裏側まで分かってしまいます。キャバクラに行ったことがある人は、リアリティがありすぎて、逆に行きたく無くなるかもしれませんので要注意です。また、キャバクラを経営しようと考えている人は、この作品を読んで、いま一度、じっくり考えてみるとよいでしょう。どんな世界もそうですが、経営するには大変な努力と苦労が伴います。皆さんが考えているほど甘くはないということを思い知るでしょう。さて、ストーリーについてご紹介します。主人公は池袋のキャバクラで働く新人黒服の立花篤です。彼は乳の入院費用を稼ぐため、水商売の世界へと足を踏み入れました。夜の世界を嫌悪していた立花は、家庭の事情で夜の世界の住人となったナンバー1キャストの千鶴を店での唯一の救いとし、同じく千鶴も密かに立花に好意を抱いていていました。風俗王と呼ばれる藤堂にその才能を見込まれ、ホール長である長瀬に刺激を受けた立花はやがて夜の世界の魅力に取り憑かれていきます。しかし、立花は同僚の執拗な嫌がらせにあい、さらに夜の世界の虜となった立花から次第に距離を置くようになった千鶴の前から去り、渋谷で新たなキャバクラを立ち上げます。そして風俗王のいすを藤堂から奪うべく主人公は黒い太陽と化していきます。機会があれば是非原作も読んでみてくださいね。


RSS関連リンク
永井大なんて知らないんだから!
黒い太陽」がスペシャルドラマで復活することが7日、分かった。9月21日放送「黒い太陽'07スペシャル」(午後11時15分)。人気作家新堂冬樹氏のベストセラーを原作に、夜の.... イケメン俳優の永井大が、インストラクターを務めるフィットネスクラブ 永井大(ながい

黒い太陽
黒い太陽DVD-BOXディレクターズカット版 この商品をレビューしたブログ一覧 ¥ 11,400 (2007-02-07) テレビ朝日・2006年7月?2006年9月・全8話 【あらすじ】 建築士を夢見る立花篤(永井大)。ある日、父・真一が借金を抱えたまま病で倒れ植物状態

黒い太陽 ドラマ 動画視聴
:黒い太陽 放送日:2006年7月28日?2006年9月15日 放送局:テレビ朝日系列 毎週金曜日 23:15 ? 24:10 出演者:永井大、伊原剛志、井上和香、滝沢沙織、大友みなみ、酒井若菜、伊藤あい、吹越満 主題歌:ユハラユキ「友ダチ」 原作

テレビ朝日人気ランキング
07 9月21日(金)録り逃し注意報 後08:00後09:54テレビ朝日.【特番】黒い太陽'07スペシャル後11:15深00:40テレビ朝日.原作/新堂冬樹さん脚本/樫田正剛さん出演者/永井大さん伊原剛志さん三津谷葉子さん矢吹春奈さん高樹マリアさん

数学的計算による世界最高のホラー映画
S↓] [TOP↑] 鬼畜大宴会、ラッキー・スカイ・ダイアモンド、黒い太陽731 この3作品を食後30分してから鑑賞初めてみて。?鬼畜観れた!=普通 ?ラッキーまで観れた!=ややツワモノ ?黒い?全部見れた!=間違いなくツワモノ!ちなみに最後の作品を見終わ


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。