黒い太陽。新堂冬樹さ

黒い太陽。新堂冬樹さんが書かれた小説です。夜の世界の裏側、人間関係など、その業界の人を唖然とさせるほど詳しく書かれていてとても面白い作品に仕上がっています。その黒い太陽、実は2006年にドラマ化されていたのをご存じですが。永井大さん演じる立花篤がキャバクラのボーイから夜の世界でナンバー1になっていく過程を描いたドラマとして大ヒットしました。今日はその黒い太陽の中から主人公立花が立ち向かっていく相手伊原剛志演じる「藤堂猛」にスポットをあててみたいと思います。藤堂猛は風俗王と呼ばれ、立花が最初に働いたキャバクラ「ミントキャンディ」や「ピンクソーダー」、イメクラなどを経営し年商300億、年収10億を超える藤堂観光の社長です。両親の借金の返済と妹の養育費のためキャバクラのキャストとして働く千鶴の幼なじみでもあり、彼女の借金を肩代わりしています。立花を長瀬の噛ませ犬として育て、反抗するとゴミのように捨てるその非情さ、そして完膚無きまでにたたきのめす様は見ていて圧巻です。藤堂は立花が自分の店レッドフェニックスを出店すると、その正面にキャバクラをオープンさせ、不動産賃貸人や人材派遣元に圧力をかけていき、さらには立花の店からキャストを引き抜くなど立花を追いつめます。しかし、それでも立花は立ち向かっていき、一度は藤堂が敗れてしまいますが、今度は立花を逮捕に追い込みます。弱い者は徹底的に踏みつけ、風俗王になった今も上を目指す藤堂、彼の見つめる先には一体何があるのでしょうか。

黒い太陽’07スペシャル、皆さんはご覧になりましたか。これから放送される地域もあるようですね。さてこの黒い太陽’07スペシャル、実は昨年放送され話題を呼んだ金曜ナイトドラマの黒い太陽の続編なのですが、ご存じでしたか。黒い太陽’07スペシャルは1年後の永井大さん演じる立花篤と彼を取り巻く世界について描かれています。今回は、本編のドラマの登場人物についてご紹介いたします。その前にご存じない方もいらっしゃると思うので、簡単に黒い太陽についてご説明いたします。黒い太陽は永井大さん演じる立花篤が、父の借金と入院費を稼ぐため、建築家の夢を諦め、夜の世界へと踏み入れるところから始まります。初めは夜の世界を嫌っていた立花ですが、次第にのめり込んでいき、夜の世界でのナンバー1にのし上がっていくという物語です。夜の世界の中でもキャバクラを舞台にしています。たくさんのキャスト(ホステス)、黒服が登場してきますが、その中から冬海についてご紹介いたします。冬美は立花が勤めるキャバクラ「ミントキャンディ」と同系列の「ピンクソーダー」のナンバー1キャストです。一月で2000万を売り上げる冬美は周囲の目を一気に引きつける華やかさを持っています。自らキャストとしての自分の実力を鼻にかけており、ミントキャンディのキャストを見下しています。立花の引き抜きの話に時給3万円と1000万円の支度金を用意するよう求め、彼が金を用意すると、立花をあざ笑い交渉に応じませんでした。しかし、風俗王藤堂の心が自分ではなく千鶴に向いてことが許せず、立花に接近し、千鶴のクビを条件に移籍話を持ちかけます。

昨年の夏、大ヒットしたドラマ黒い太陽。先ごろスペシャルで続編が放送されましたね。見られた方も多いと思います。その黒い太陽で主役を演じた永井大さんが、なんとフィットネスクラブの臨時インストラクターを務めることになったそうです。黒い太陽でも体脂肪率5%というすばらしい肉体を披露したイケメン俳優永井大さん。そんな永井大さんの直接指導を受けたい女性は多いでしょう。永井大さんがインストラクターを務めるのは、東京の新小岩にオープンした30分フィットネスクラブ「SaCut3(サクットスリー)」です。この「SaCut3(サクットスリー)」は永井大さんの父、雅夫さんがオープンさせたフィットネスクラブなんですよ。松濤館流空手6段の腕前を持つ雅夫さんは会社員のかたわら、新潟県の高校や道場で空手を教えていましたが、昨年の秋に、妻の明美さんが病に倒れ、看護環境や設備の整った東京の病院で治療を受けさせたいと、今年4月に上京したそうです。大さんにも背中を押され、定年まであと5年の会社を辞め、上京、フィットネスクラブのオープンへとこぎつけました。この「SaCut3(サクットスリー)」は1日30分間の運動を3ヶ月続けると3キロやせることができる、をテーマにしたフィットネスクラブです。ビリー隊長には負けません!と笑顔で語ってくれた雅夫さん。大さんの話題になると、息子にもインストラクターをお願いしているんですよ、と目じりを下げていた。

黒い太陽の第1話についてです。2006年に永井大さん主演で大ヒットした金曜ナイトドラマ黒い太陽。今日はその黒い太陽からその栄えある第1話をご紹介したいと思います。第1話のタイトルは「キャバクラ嬢vs黒服」です。立花篤の父真一は借金の保証人となり経営していた工場を借金のかたに奪われ心労で倒れ植物状態となってしまいました。立花篤はそんな父の借金と入院費を稼ぐため新宿歌舞伎町のキャバクラ「ミントキャンディ」で黒服として働くこととなります。キャスト(キャバクラ嬢)が主役であるキャバクラで、黒服はひたすら彼女たちが気持ちよく仕事が出来るよう奴隷とも思われる扱いに耐えています。そんな夜の世界になじめない立花。実は彼は建築士という夢があり、どうしてもその夢を諦めきれずにいました。しかし、そんな中、同じように親の借金を返すためキャストになった千鶴に共感し、心を通わせるようになります。千鶴に執拗にボディタッチを繰り返す客を殴ってしまった立花。しかし、風俗王と呼ばれミントキャンディの社長でもある藤堂が下した決断は1週間の謹慎でした。さらに、復帰後、立花をホール長にするチャンスを藤堂は与えます。そしてある日、同系列のライバル店「ピンクソーダー」のホール長長瀬が店を完璧に仕切っている姿を見て、長瀬をライバル視するようになります。千鶴に心惹かれながらもこのまま毛嫌いする夜の世界にいていいものか悩む立花。そんなとき、面接を受けた建築設計事務所から採用の知らせがとどきます。建築士の夢をとるのか、それとも夜の世界に残るのか、立花に二者択一のときがやってきました。立花はどちらを選ぶのでしょうか。黒い太陽として成長していく主人公立花の第1歩が今踏み出されようとしています。第1話を見逃してしまった方はDVDが発売中ですのでご覧になってくださいね。


RSS関連リンク
黒い太陽
黒い太陽 著者、新堂冬樹さんで祥伝社から発行されています。池袋のキャバクラ「ミントキャンディ」に勤める 新人黒服の立花篤。彼は父の入院費用を稼ぐために、嫌悪する水商売に 身を投じていた。店での救いはナンバー1キャスト千鶴の存在。立花が密か

永井大って変じゃない?
調不良ですが一生懸命書きます。永井大の「黒い太陽」が復活 「黒い太陽」は、人気作家新堂冬樹氏のベストセラーを原作に、夜の世界の頂点を目指しキャバクラを舞台に成り上がっていく立花(永井大)の姿を描いた。昨年7月の放送では、平均視聴

最新黒い太陽情報:ポスト「只野仁
21日放送の「黒い太陽'07スペシャル」(テレビ朝日)に注目が集まっている。同局が昨夏、23時台の金曜ナイトドラマ枠で放送した「黒い太陽」の特別ドラマだ。原作は作家・新堂冬樹氏の同名小説。キャバクラを舞台に、夜の世界の頂点を目指して

『黒い太陽スペシャル』間に合った!
何とか『黒い太陽スペシャル』の放送時間に間に合いましたっ♪ 感想はと言いますと、 「まだ、続きがあるんかーーーー!!」 ってな感じです。あんな終わり方したら、続編を期待せずにはいられまへんっ!原作を越えた世界が広がってて、コレはコレでやっぱ面白い!ほん

風俗 広島
(C) W60 H85 タグ: デリバリーヘルス 東広島 西条 風俗 ラブホテル ■ドラマ(黒い太陽)レーベル 七海さんのリクエスト 標準版、永井大版とも4枚組 新堂冬樹原作の風俗業界の闇を書いた「黒い太陽」をドラマ化 キャバクラの世界に ...ゲン(中井貴一版) HERO ハケン


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。