黒い太陽の第6話につ

黒い太陽の第6話についてです。永井大さん主演のドラマ、黒い太陽。金曜ナイトドラマとしては歴代視聴率5位を記録し、大ヒットしました。つい先日も黒い太陽’07スペシャルとして一夜限りの復活を果たし、また話題を呼びましたね。今日は昨年放送された本編「黒い太陽」の中でも一気に物語の流れが変わる第6話をご紹介します。第6話についてお話しする前に、簡単にあらすじをお話しします。主人公立花篤は建築士を夢見ていましたが、父の借金と入院費を稼ぐため、夜の世界へと身を投じていきます。夜の世界を毛嫌いしながらも同じ境遇のキャスト千鶴に惹かれていき辞められないまま次第に夜の世界の虜となっていきます。主人公が働くキャバクラミントキャンディ等数多くの店を持つ社長、通称風俗王の藤堂。彼に才能を見込まれ、店長にまで上り詰めます。しかし、それは藤堂が後継者にと見込んだ長瀬の噛ませ犬にするためでした。それを知った立花は・・・。ここからが本題です。なんとしても藤堂や長瀬を見返してやりたい立花。そのために新人キャストを入れたり、衣装を変えたりしますが、効果が上がらず、ついには経費節減として黒服をやめさせたり、給料を5%カットして、黒服の反感を買います。さらにはキャストである笑子との関係が黒服にばれ、立花は袋だたきにあいます。さらに経済界の大物三宅川に呼ばれると、立花をホール長に降格すると藤堂が話しているのを聞かされます。なんとしても藤堂を追いつめたい立花は、千鶴に藤堂の弱点を探させます。そして、非合法の地下パーティのことを千鶴から聞かされ、それをネタに藤堂に店の権利を譲るよう迫りますが、千鶴は最後の最後で裏切り藤堂の側につきます。完璧に打ちのめされた立花は、店を辞め、そして1年後、別の店のボーイとして働き、再起を誓うところで第6話は終わります。

黒い太陽原作者、新堂冬樹についてです。2006年に永井大さん主演で話題を呼んだテレビ朝日系の金曜ナイトドラマ「黒い太陽」。その原作者は誰だかご存じですか。金融業界や夜の世界に精通し、芸能プロダクションを立ち上げるなど、マルチな才能を発揮している作家新堂冬樹さんです。今日はその新堂さんの作品を紹介したいと思います。新堂さんといえば黒い太陽のようにダークな世界を描いた作品も多いですが、今回ご紹介するのはラブストーリー。新堂さんの違った一面が見えてきます。そのタイトルは「ある愛の詩」です。松田翔太と黒木メイサさん主演でドラマ化されました。今日はそのドラマのあらすじをご紹介します。沖縄の青い海で育った七瀬拓海、彼はイルカのテティスと共に幼い頃から多くの時間を過ごしてきました。ある日、拓海はいつものようにテティスに会いに海岸へやってきましたが、時間に遅れたため、テティスは姿を見せてくれませんでした。拓海がテティスを待っていると、どこからともなく美しい歌声が聞こえてきます。拓海が声のする方を見るとそこには東京の音大生・流香。そして、その歌声に導かれるようにテティスが姿を見せます。二人はテティスに導かれるように出会い、互いに惹かれ合います。そして、2日過ぎ、流香は東京に帰り、ミラノの国際コンクールへ出場するためのレッスンに励みます。母が流香を捨て、ミラノへ留学したことが心の傷となっており、母の気持ちを理解するため、どうしてもミラノへ行きたかったのです。拓海は流香の笑顔が見たいと流香を追いかけて上京します。しかし、そこで流香の父がミラノへの留学費用を出さないと言っているのを聞いてしまいます。流香の留学費用を稼ぐため、拓海はホストになります。黒い太陽とはまた違った純愛小説、是非読んでみてくださいね。

黒い太陽’07スペシャルが放送されました。これは2006年にテレビ朝日系金曜ナイトドラマで放送された「黒い太陽」の1年後を描いたものです。この黒い太陽、永井大さん演じる立花篤が、キャバクラのボーイから夜の帝王を目指す成り上がりドラマで、あの時効警察や特命係長只野仁に次ぐヒット作となりました。キャバクラを舞台にしたドラマということで華やかなキャスト(ホステス)がたくさん出演していました。今日はそんなキャストの中から酒井若菜演じる笑子をご紹介いたします。笑子は主人公立花がボーイとして働くキャバクラ「ミントキャンディ」の売り上げNo.3のキャストです。ミントキャンディのキャストはお色気でお客を落としていくタイプが多い中で、この笑子はテーブルを会話で盛り上げ売り上げを稼いでいます。立花に好意を寄せており、引き抜き話を盾とり、立花と交際することになりました。立花を親身になって支え、立花がオープンしたレッドフェニックスのキャストとなります。しかし、結局は立花に利用されていただけに過ぎず、元ナンバー1キャストの奈緒との軋轢、立花が千鶴を大切にするため千鶴への嫉妬心、その2つから笑子は次第に疑心暗鬼となり、立花と衝突し最後は店を去ってしまいます。先日放送された黒い太陽’07スペシャルでは久々に立花と再会します。再会した奈緒は立花にどう接するのか。見逃してしまった方もご安心下さい。DVDが来年1月に発売されるそうです。

黒い太陽の神崎一郎についてです。2006年、テレビ朝日系金曜ナイトドラマで話題を呼んだ黒い太陽、ご存じですか。永井大さん演じる主人公立花篤がキャバクラのボーイから夜の世界のトップへとなりあがっていく物語です。夜の世界の裏側、複雑な人間模様などが鮮明に描かれており見る者を飽きさせないドラマです。キャバクラを舞台としているので華やかなキャスト(キャバクラ嬢)も数多く出演しています。今回はそのキャストを支える黒服をご紹介いたします。今回ご紹介するのは渡邉邦門さん演じる神崎一郎です。 神崎は立花が初めて黒服として働いたキャバクラ「ミントキャンディ」のサブマネージャーでした。大滝店長のミスにより新店長に就任します。しかし、立花にその座を奪われてしまい、ホール長に降格させられます。それ以来、立花をライバル視するようになります。その後、社長の藤堂によりイメクラに左遷され、店長にまで昇り詰めますが、店をつぶして失踪してしまいます。藤堂から追放され、藤堂を倒すという同じ目的を持つ立花に接近します。立花がキャバクラ「レッドフェニックス」を出店する際にはスタッフとして迎えてもらいます。立花の幼なじみ久美子をキャストとして夜の世界に引き入れるなど強引な一面を持っていますが、キャストの扱いは誰よりもうまく、立花の良き戦友となります。しかし、立花が原因で久美子がレッドフェニックスを辞めたことを知ると激高し、立花の前から去っていきます。2007年スペシャルでは藤堂を倒すため再び立花と手を組みます。


RSS関連リンク
黒い太陽DVD
中で2006年に永井大さん主演で話題を呼んだ「黒い太陽」、つい先日も「黒い太陽'07スペシャル - 素っ裸でカッポレ」として85分拡大放送されましたね。ご覧になった方も多いと思います。そんな話題のドラマがDVD??BOXとして株式会社ポニーキャニオン

TVドラマ
「モップガール」というドラマをやってた。この域は「黒い太陽」やら「桜2号」やら、麻生久美子嬢の「時効警察」をやってた域なんで、よく見る。北川景子主演・・・この子可愛いwケツメイシのさくらPVに出てた頃の 鈴木えみに似てて

韓国 ドラマ 新着人気ブログ韓国ドラマ
よく、短調が多く、心を逸らせるような ...≪≪純恋愛小説≫≫ ...たまたま見ていた「黒い太陽」という深夜ドラマもこの人の原作だったらしいので それまた意外だった。主婦になると、恋愛とは縁遠くなるのでせめて恋愛小説で ...(と

韓国 ドラマ 新着人気ブログ韓国ドラマ
よく、短調が多く、心を逸らせるような ...≪≪純恋愛小説≫≫ ...たまたま見ていた「黒い太陽」という深夜ドラマもこの人の原作だったらしいので それまた意外だった。主婦になると、恋愛とは縁遠くなるのでせめて恋愛小説で ...(と

黒い太陽
今日の朝?たまたまテレビで新しいドラマ見ました。テレビ朝日系の 「黒い太陽」です。原作(著者:新堂冬樹)は少しだけ立ち読みしたことがあるのですが,けっこう面白いドラマになりそうな気がします。敵役の伊原剛志が妙にカッコいいなぁ・・と思いながら見て


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。