黒い太陽の主演、永井

黒い太陽の主演、永井大さんに関する情報です。2006年に永井大さん主演で話題を呼んだテレビ朝日系金曜ナイトドラマ「黒い太陽」。先日、黒い太陽’07スペシャルも放送されこちらも話題になりました。今日はその黒い太陽で主役を演じた永井大さんについてご紹介致します。黒い太陽は主人公立花篤がキャバクラのボーイからはじめて、夜の帝王になりあがっていくという物語です。’07スペシャルでは前作以上に非情で冷酷な男として登場します。人を道具として扱うその非情さに最初永井さんはとまどいがあったそうです。しかし、一歩間違えば死ぬかもしれない、そんな立場になれば非情になりきれる、また、男として逃げずに立ち向かっていく立花に元気をもらえると振り返っています。昨年の連ドラの撮影時には2日で6キロの減量に挑戦したそうです。どれくらい役にかけているか自分との闘いだったと語る永井さん。永井さんに大きな影響を与えたのは砂の器で共演した渡辺謙さんなのだそうです。「演技で謙さんと勝負しても勝てない。気持ちや肉体的な部分で何か一つ自信を。」と語る永井さん。この黒い太陽はそれだけ思い入れの強い作品ということでしょう。今回のスペシャル、通常の連ドラと違って二週間の撮影スケジュール、それだけ短い時間で立花を演じきれるか不安もあったそうです。ようやく立花を分かってきた、というところで撮影が終わってしまって寂しいと語る永井さん。スペシャルではまとめきれない立花の魅力、また連ドラで演じてみたいと意欲を燃やしていました。

黒い太陽’07スペシャル、皆さんはご覧になりましたか。これから放送される地域もあるようですね。さてこの黒い太陽’07スペシャル、実は昨年放送され話題を呼んだ金曜ナイトドラマの黒い太陽の続編なのですが、ご存じでしたか。黒い太陽’07スペシャルは1年後の永井大さん演じる立花篤と彼を取り巻く世界について描かれています。今回は、本編のドラマの登場人物についてご紹介いたします。その前にご存じない方もいらっしゃると思うので、簡単に黒い太陽についてご説明いたします。黒い太陽は永井大さん演じる立花篤が、父の借金と入院費を稼ぐため、建築家の夢を諦め、夜の世界へと踏み入れるところから始まります。初めは夜の世界を嫌っていた立花ですが、次第にのめり込んでいき、夜の世界でのナンバー1にのし上がっていくという物語です。夜の世界の中でもキャバクラを舞台にしています。たくさんのキャスト(ホステス)、黒服が登場してきますが、その中から冬海についてご紹介いたします。冬美は立花が勤めるキャバクラ「ミントキャンディ」と同系列の「ピンクソーダー」のナンバー1キャストです。一月で2000万を売り上げる冬美は周囲の目を一気に引きつける華やかさを持っています。自らキャストとしての自分の実力を鼻にかけており、ミントキャンディのキャストを見下しています。立花の引き抜きの話に時給3万円と1000万円の支度金を用意するよう求め、彼が金を用意すると、立花をあざ笑い交渉に応じませんでした。しかし、風俗王藤堂の心が自分ではなく千鶴に向いてことが許せず、立花に接近し、千鶴のクビを条件に移籍話を持ちかけます。

黒い太陽というドラマをご存知ですか。2006年にテレビ朝日系金曜ナイトドラマとして放送され、深夜ドラマ歴代視聴率5位という快挙を成し遂げたドラマです。永井大さん演じる立花篤が父の入院費と借金を返済するため嫌っていた夜の世界で働きはじめ、次第に夜の世界の魅力に引き込まれていきます。そして夜の世界の帝王となるべく黒く成長していくドラマです。2007年秋には黒い太陽’07スペシャルとして続編も放送されていました。ごらんになった方も多いのではないでしょうか。今日はそんなドラマの中から2006年版の黒い太陽でヒロインとなる井上和香演じる千鶴にスポットを当ててみたいと思います。千鶴は立花が黒服として働くミントキャンディのキャスト(ホステス)でした。事故死した両親の借金の返済と妹を養うため昼間はOL、そして夜はキャストとして働いていました。しかし、なかなか夜の世界に慣れることができませんでした。しかし、同じ境遇の立花に共感し、好意を抱くように。そして、千鶴の担当が立花になったことで、才能を開花させ、ナンバー1に成長していきます。そして立花が新たな店レッドフェニックスをオープンすると移籍、そこでもナンバー1となります。しかし、次第に夜の世界の鬼と化していく立花から距離を置くようになり、「私はいつまでも立花クンの味方だよ」という言葉とともに立花の前から去っていきます。そして、2007年のスペシャルでは両親の借金を返し終わり、キャストを引退します。

黒い太陽の主人公についてです。昨年夏、テレビ朝日系で放送された人気ドラマ「黒い太陽」。先日「黒い太陽’07スペシャル」として一夜限りの復活を果たしましたよね。地方の方はこれからの放送となるので楽しみにしていてくださいね。今日はそんな人気ドラマ「黒い太陽」の主人公についてご紹介いたします。永井大さん主人公の名前は「立花篤」。もともと建築士を目指していましたが、父が病気になり治療費を稼ぐために夜の世界へ身を投じました。彼が最初に働いたのは藤堂グループの「ミントキャンディ」です。そこで働く千鶴が親の借金を返済するためにホステスとなったことに共感し、好意を持ち始めます。彼女をナンバー1にしてみせると誓い、見事にミントキャンディの店長にのぼり詰めます。しかし、藤堂グループの社長であり、風俗王と呼ばれる藤堂猛は立花のことを後継者として指名した、ピンクソーダーの店長長瀬のかませ犬と見ておらず、主人公は次第に藤堂への復讐心を燃やすようになります。藤堂に近しい千鶴にも結局裏切られ、店をやめた主人公。1年後、キャバクラ「レッドフェニックス」をオープンさせオーナーとして藤堂へ挑む。一度は勝利を収めるが、売春斡旋の容疑で逮捕されてしまいます。しかも、移送のために警察車両へ乗る直前に元同僚に刺されてしまいます。ここでいったんドラマは終わります。先日放送されたスペシャルでは、新宿歌舞伎町のキャバクラの調理人として働いている場面からスタート。再びキャバクラのオーナーとして「One・Point」というお店をオープンさせた主人公は、藤堂グループを倒すことに執念を燃やしピンクソーダーからホステスを次々と引き抜いていきます。風俗王藤堂に立ち向かう主人公、今度こそ藤堂を倒すことができたのでしょうか。


RSS関連リンク
ふと思い出した映画
勉強する機会が多い。その中でも特に多いのが第二次世界大戦の事。広島への原爆投下についての勉強が多かった中で 原爆以外の話で非常に印象に残っていたのが731部隊の事だった。最初に断っておくと この「黒い太陽731」について調べ

三津谷葉子ってどうよ
葉子画像 PART137 三津谷葉子の動画半ケツ+三津谷葉子入浴シーンPoweredBywww.youtube.com三津谷葉子のブログ三津谷葉子、矢吹春奈らも「黒い太陽」SP版で出演?Wed,08Aug200707:03:00+0900…そんなキャストに新たに三津谷葉子、矢吹春奈らも加わるとの.

黒い太陽DVD
中で2006年に永井大さん主演で話題を呼んだ「黒い太陽」、つい先日も「黒い太陽'07スペシャル - 素っ裸でカッポレ」として85分拡大放送されましたね。ご覧になった方も多いと思います。そんな話題のドラマがDVD??BOXとして株式会社ポニーキャニオン

黒い太陽の原作
「黒い太陽」。黒い太陽2007スペシャルとして一夜限りの復活を果たしましたよね。今日はその原作についてご紹介いたします。黒い太陽の原作、実は新宿歌舞伎町のキャバクラ店長も思わず絶句したほどリアリティあふれる作品となっています。キャバクラに行ったことがない

黒い太陽原作
「黒い太陽」。黒い太陽2007スペシャルとして一夜限りの復活を果たしましたよね。今日はその原作についてご紹介いたします。黒い太陽の原作、実は新宿歌舞伎町のキャバクラ店長も思わず絶句したほどリアリティあふれる作品となっています。キャバクラに行ったことがない


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。