黒い太陽ロケ地情報で

黒い太陽ロケ地情報です。永井大さん演じる立花篤が夜の帝王へとのし上がっていく人気ドラマ黒い太陽。今日はその人気ドラマ黒い太陽のロケ地をいくつかご紹介いたします。1つめのロケ地は主人公が最初に夜の世界の一歩を踏み出したキャバクラ「ミントキャンディ」。黒い太陽では欠かせないですよね。設定では新宿の歌舞伎町のキャバクラ、ということでしたが、実は銀座にあるオルフェ・マティオというお店です。ミントキャンディの入り口のみの登場で、店内はセットを作って撮影したそうです。続いてのロケ地は主人公がオーナーとしてオープンさせた渋谷道玄坂の「レッドフェニックス」の入り口。こちらは六本木で10年以上続くキャバクラ「Cha−Cha」です。風俗王藤堂が後継者にと指名した長瀬が店長を務める六本木のクラブピンクソーダー。こちらは新宿歌舞伎町のAMATERASです。店内でロケをしたようですよ。親の借金を返済するため夜の世界に身を投じた井上和香演ずる千鶴がOL時代にお弁当を食べていた噴水のある公園。こちらは日比谷公園です。さすがにキャバクラと違って気軽に行けるのでお近くの方は是非行ってみてくださいね。続いても回想シーンから。主人公立花篤とその父立花真一がキャッチボールをしていた土手。こちらは大田区の大師橋緑地を望む堤防です。主人公が子供のときに「人をだますな」と父親から言われたシーンが印象的でしたね。大人になった主人公がキャッチボールをしていた親子にボールを投げたシーンでも登場しました。

黒い太陽の最終回についてです。永井大さん主演で新堂冬樹さんの同名小説をドラマ化した黒い太陽。深夜ドラマとして歴代5位の高視聴率を獲得し、話題になりました。主人公の立花がキャバクラのボーイから夜の世界のナンバー1へと上り詰めていく物語です。今日はその黒い太陽の最終回「決戦!!立花よ永遠に」をご紹介いたします。レッドフェニックスの店長として働く主人公立花。風俗王藤堂から宣戦布告をされた立花の前に、立花が最初に働いていたミントキャンディで黒服をしていた菊田が現れ、三宅川とひなのの関係をネタに100万円の口止め料を要求します。さらに追い打ちをかけるように藤堂が圧力をかけ不動産会社残りの保証金を要求したり、藤堂がキャストを大量に引き抜き、キャストの派遣元にも圧力をかけたりと、立花は追い込まれていきます。その上、久美子や神崎までも店を去り、レッドフェニックスは瀕死の状態に陥ってしまいます。しかし、ホワイトイブのキャスト冬美がレッドフェニックスへ移籍してもよいと言い出します。冬美は藤堂が千鶴のことを好きであることに嫉妬し、千鶴を辞めさせることを条件として提示します。立花は苦渋の洗濯を迫られますが、千鶴を解雇します。千鶴は「いつでも立花君の味方だよ」という言葉を残し、レッドフェニックスを去っていきました。冬美の移籍により、レッドフェニックスは不死鳥の如く蘇り、藤堂へ勝利宣言をした立花。しかし、父の様態が急変したという連絡を受け、病院に向かう途中、藤堂の策略により売春斡旋容疑で逮捕されてしまいます。さらにパトカーに乗り込む立花を菊田が刺し、立花は意識がもうろうとするなか「太陽はどこだ・・・」と必死で何かを折っていました。とにかく一時も目が離せない最終回、是非ご覧になって下さい。最終回を見逃してしまった方もDVDが発売中ですよ。

昨年の夏、大ヒットしたドラマ黒い太陽。先ごろスペシャルで続編が放送されましたね。見られた方も多いと思います。その黒い太陽で主役を演じた永井大さんが、なんとフィットネスクラブの臨時インストラクターを務めることになったそうです。黒い太陽でも体脂肪率5%というすばらしい肉体を披露したイケメン俳優永井大さん。そんな永井大さんの直接指導を受けたい女性は多いでしょう。永井大さんがインストラクターを務めるのは、東京の新小岩にオープンした30分フィットネスクラブ「SaCut3(サクットスリー)」です。この「SaCut3(サクットスリー)」は永井大さんの父、雅夫さんがオープンさせたフィットネスクラブなんですよ。松濤館流空手6段の腕前を持つ雅夫さんは会社員のかたわら、新潟県の高校や道場で空手を教えていましたが、昨年の秋に、妻の明美さんが病に倒れ、看護環境や設備の整った東京の病院で治療を受けさせたいと、今年4月に上京したそうです。大さんにも背中を押され、定年まであと5年の会社を辞め、上京、フィットネスクラブのオープンへとこぎつけました。この「SaCut3(サクットスリー)」は1日30分間の運動を3ヶ月続けると3キロやせることができる、をテーマにしたフィットネスクラブです。ビリー隊長には負けません!と笑顔で語ってくれた雅夫さん。大さんの話題になると、息子にもインストラクターをお願いしているんですよ、と目じりを下げていた。

黒い太陽の神崎一郎についてです。2006年、テレビ朝日系金曜ナイトドラマで話題を呼んだ黒い太陽、ご存じですか。永井大さん演じる主人公立花篤がキャバクラのボーイから夜の世界のトップへとなりあがっていく物語です。夜の世界の裏側、複雑な人間模様などが鮮明に描かれており見る者を飽きさせないドラマです。キャバクラを舞台としているので華やかなキャスト(キャバクラ嬢)も数多く出演しています。今回はそのキャストを支える黒服をご紹介いたします。今回ご紹介するのは渡邉邦門さん演じる神崎一郎です。 神崎は立花が初めて黒服として働いたキャバクラ「ミントキャンディ」のサブマネージャーでした。大滝店長のミスにより新店長に就任します。しかし、立花にその座を奪われてしまい、ホール長に降格させられます。それ以来、立花をライバル視するようになります。その後、社長の藤堂によりイメクラに左遷され、店長にまで昇り詰めますが、店をつぶして失踪してしまいます。藤堂から追放され、藤堂を倒すという同じ目的を持つ立花に接近します。立花がキャバクラ「レッドフェニックス」を出店する際にはスタッフとして迎えてもらいます。立花の幼なじみ久美子をキャストとして夜の世界に引き入れるなど強引な一面を持っていますが、キャストの扱いは誰よりもうまく、立花の良き戦友となります。しかし、立花が原因で久美子がレッドフェニックスを辞めたことを知ると激高し、立花の前から去っていきます。2007年スペシャルでは藤堂を倒すため再び立花と手を組みます。


RSS関連リンク
黒い太陽2007
9月21日黒い太陽のスペシャルが放送されました。内容は正直今ひとつというのが、感想です。連ドラ版も見ていましたが、その際ももっとつくり込んだストーリーに すればもっと良くなるのに、と思っていましたが、今回は良くフジTV がや

大分朝日放送のウワサ
15 鹿児島放送 10/12(金) 24:45 ? 26:10 琉球朝日放送 9/21(金) 23:15 ? 24:40 それぞれ ...黒い太陽 '07スペシャル ...55 瀬戸内海放送 9/26(水) 24:45 ? 26:10 愛媛朝日テレビ 10/11(木) 24:16 ?

待ち
「黒い太陽」ってドラマが意外と面白くて、原作の小説が読みたくなってきたこの頃です。昼帯と呼ばれる時間帯のドラマ、「金色の翼」が今週で終わります。んで、次クールこれと替わってから始まる「愛の迷宮」がやばめ 番宣流れて

黒い太陽
います たびたび ゴンタです ということで、その永井大さんが主演、 昨年、テレビ朝日の金曜ナイトドラマで放送されていた 「黒い太陽」のスペシャルドラマが21日(金)にやってました。「黒い太陽'07スペシャル」 これ新堂冬樹さんの本が原作のようです。黒い太陽

テレ朝が放送する「黒い太陽SP
21日放送の「黒い太陽'07スペシャル」(テレビ朝日)に注目が集まっている。同局が昨夏、23時台の金曜ナイトドラマ枠で放送した「黒い太陽」の特別ドラマだ。原作は作家・新堂冬樹氏の同名小説。キャバクラを舞台に、夜の世界の頂点を目指して


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。