黒い太陽の第7話につ

黒い太陽の第7話についてです。藤堂冬樹さんの小説「黒い太陽」、2006年に永井大さん主演でドラマ化されました。深夜ドラマの歴代視聴率第5位という高視聴率を記録し、つい先日、黒い太陽’07スペシャルとして一夜限りの復活も果たしました。今日はその黒い太陽の第7話についてお話しします。黒い太陽は主人公立花篤がキャバクラのボーイからはじめて、夜の帝王へと成り上がっていく物語です。前回、新宿歌舞伎町にある風俗王藤堂グループのキャバクラ「ミントキャンディ」の店長を勤めるまでになっていた立花ですが、千鶴の裏切りにあい、新宿歌舞伎町を追われ、吉祥寺のキャバクラのボーイとなったところで終わりました。第7話はその吉祥寺から始まります。もとミントキャンディキャストの笑子と共に貯金し、ついに渋谷に自分のキャバクラ「レッドフェニックス」をオープンします。立花の従順な部下として働くことを誓った大滝、藤堂グループを追い出された神崎、そして元ナンバー1キャストの奈緒、立花の元にかつてのミントキャンディのスタッフが集まってきた。オープン初日、笑子の努力もあって順調な滑り出しを見せたレッドフェニックス。しかし、藤堂が宣戦布告に乗り込んでき、余裕たっぷりに「ミントキャンディでつかいものにならなかった奴らの吹きだまりか」と店内を見回し去って行きます。立花は自分を裏切った千鶴をミントキャンディから引き抜こうと千鶴に会いに行きます。千鶴はレッドフェニックスにやってくるでしょうか、立花は藤堂を倒すことができるのでしょうか。第7話も目が離せません。

黒い太陽の第2話についてです。テレビ朝日系金曜ナイトドラマ「黒い太陽」ご存じですか。昨年、永井大さん主演で話題を呼び、歴代視聴率第5位を記録しました。今日はその黒い太陽の第2話についてご紹介致します。物語は全8話。主人公立花篤が建築士の夢を抱きつつも、父の借金と入院費を稼ぐために夜の世界に身を投じます。夜の世界を嫌いながらも次第にその魅力に取り憑かれていき、風俗王藤堂を倒すため、夜の世界で成り上がっていく物語です。それでは第2話についてご紹介いたします。前回、客を殴ったことにより、謹慎処分になった立花。しかし、社長の藤堂は謹慎が終わったら立花をホール長へ昇格させるといいます。夜の世界で働くことに未だ抵抗感がある立花は藤堂に連れられて、キャバクラ「ピンクソーダー」へ行きます。そこで、ホール長長瀬と出会います。彼の無駄のない動き、見事な客の扱いに目を奪われた立花は、彼だけには負けたくない、と対抗意識を燃やします。そんなとき、一度は断られた設計事務所から空きが出来たから働かないか、と立花に電話がかかってきます。自らの夢を実現できると喜んだのもつかの間、入院費を催促され、お金のない惨めさを改めて思い知らされます。設計事務所の月給は16万。それに対し、ホール長になれば、80万を稼げる可能性があります。キャストの担当になればキャストの売り上げの10%がさらに上乗せされます。立花は設計事務所への就職を蹴り、お金のために夜の世界で生きていく決意をします。金のため、と奈緒の裸で土下座をしろという要求にも従い、ホール長になったことによる黒服のいじめにも耐えます。そしてある日、千鶴が立花と同じように親の借金を返すためにキャストになったことを知ると、千鶴に「あんたをナンバー1にしてみせる」とつぶやきます。黒い太陽としての一歩を歩み出した瞬間です。第2話も目が離せませんよ。

黒い太陽の長瀬慎太郎についてご紹介いたします。2006年に放送されたテレビ朝日系金曜ナイトドラマ「黒い太陽」、キャバクラという夜の世界を舞台にして大ヒットしました。先日、黒い太陽’07スペシャルも放映され、ご覧になった方も多いのではないでしょうか。ストーリーは建築士を目指す主人公立花篤は父の借金と入院費を稼ぐためキャバクラのボーイとして働き始めます。同じような境遇の千鶴に共感し、夜の世界で働くことに抵抗を覚えながらも働き続けます。そして次第に夜の世界の虜となって行き、夜の世界のナンバー1になる様子を描いています。今日はその主人公立花篤のライバル、長瀬慎太郎についてご紹介いたします。長瀬は立花が働くミントキャンディと同じ系列のピンクソーダーのホール長でした。風俗王藤堂が後継者に指名したやり手です。立花が藤堂に連れられピンクソーダーに来た際、長瀬にその鮮やかな客裁きを見せ付けられ、「俺の仕事を盗みにきたか、100年経っても無理だ」と言われ、以後、立花は長瀬に対抗心を燃やします。そして藤堂が立花は長瀬のかませ犬である、と言っているのを聞き、さらにその対抗心を燃やす立花。彼はやがて「レッドフェニックス」をオープン。その目の前にオープンしたホワイトイブ。そこの店長にと藤堂が送り込んだのが長瀬でした。しかし、立花の前に長瀬の店は敢え無く閉店に追い込まれてしまいました。黒い太陽’07スペシャルでは社長の藤堂に次ぐ藤堂グループナンバー2として再登場します。

黒い太陽の登場人物、桜井久美子についてです。昨年、大ヒットした金曜ナイトドラマ、「黒い太陽」をご存じですか。永井大さん演じる立花篤が、建築士の夢を持ちながらも父の借金と入院費のためキャバクラのボーイになります。次第に夜の世界の虜になっていき、夜の帝王となるべく成り上がっていく様子を描いたドラマです。昨年の連続ドラマに続き、先日、黒い太陽’07スペシャルとして1年ぶりに帰ってきました。このスペシャルも好評で、続編を望む声が数多くあるそうです。公式サイトのBBSにも数多くの書き込みがありました。今日はそんな話題の「黒い太陽」の登場人物をご紹介いたします。立花篤の父以外に唯一昼間の世界の住人、桜井久美子。彼女は立花の父が入院する徳翔会大田病院に看護士として勤めています。立花とは幼なじみであり、彼に想い寄せています。立花が夜の世界に足を踏み入れたことを聞くと、「夜の世界に染まらないで」と彼のことを心配します。同じ看護師仲間がキャバクラでバイトをしているのを知ると、体験入店してみようかなと立花に言いますが、立花は久美子が自分のように夜の世界に染まるのを嫌い、拒否します。しかし、立花の店「レッドフェニックス」で働く神崎にスカウトされ、キャストとして働くことになります。夜の世界に染まって欲しくないと思う一方、立花は店のため、立花と千鶴の関係を知った久美子が辞めると言い出すと、病院にばらそうとし、久美子は病院から謹慎処分を言い渡されます。しかし、最後は夜の世界から足を洗い、立花の父の最後を看取りました。


RSS関連リンク
ガリレオ(ガリレオ)
るときに、原作読んでだいたいの内容は分かっていました。今回は1日のスケジュールが崩れたので、りゅうちゃんと旦那も一緒に。オレンジデイズ 牛に願いを アンフェア 1リットルの涙 踊る大捜査線 アテンションプリーズ 【カ行】 ガリレオ がんばっていきまっしょい 黒い太陽 黒い太陽07スペシャル ガチバカ

学校ガリレオ
10月15日スタート原作:東野圭吾また日本テレビ系「ドリーム☆アゲイン」(反町隆史)「有閑倶楽部 だと言っていた。また オレンジデイズ 牛に願いを アンフェア 1リットルの涙 踊る大捜査線 アテンションプリーズ 【カ行】 ガリレオ がんばっていきまっしょい 黒い太陽 黒い太陽07スペシャル ガチバカ クロ

岩手朝日テレビのウワサ
以降?) ...「黒い太陽(再)」(放送中) 岩手朝日 テレビ 10/24(水) 0:45?他 ☆BS---------------------------------------------- ●ドラマW「長い長い殺人」 (原作:宮部みゆきさん) WOWOW

黒い太陽'07スペシャル
黒い太陽」、つい先日も「黒い太陽'07スペシャル - 素っ裸でカッポレ」として85分拡大放送されましたね。ご覧になった方も多いと思います。そんな話題のドラマがDVDBOXとして株式会社ポニーキャニオンから好評発売中です。闇金融や夜の世界に精通する新堂冬樹さん原作

金曜ナイトドラマ「モップガール」で北川景子
「黒い太陽」など人気のドラマがズラリと放送されてました。前クールの「スシ王子!」がちょっと痛いデキで視聴率は散々でしたから余計に良く見えるのかも。しかし、話の内容がそのまんま「トゥルー・コーリング」じゃんか!と思った人も多い


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。