黒い太陽記事一覧

黒い太陽。新堂冬樹さ

黒い太陽。新堂冬樹さんが書かれた小説です。夜の世界の裏側、人間関係など、その業界の人を唖然とさせるほど詳しく書かれていてとても面白い作品に仕上がっています。その黒い太陽、実は2006年にドラマ化されていたのをご存じですが。永井大さん演じる立花篤がキャバクラのボーイから夜の世界でナンバー1になっていく過程を描いたドラマとして大ヒットしました。今日はその黒い太陽の中から主人公立花が立ち向かっていく相手伊原剛志演じる「藤堂猛」にスポットをあててみたいと思います。藤堂猛は風俗王と呼ばれ、立花が最初に働いたキャバクラ「ミントキャンディ」や「ピンクソーダー」、イメクラなどを経営し年商300億、年収10億を超える藤堂観光の社長です。両親の借金の返済と妹の養育費のためキャバクラのキャストとして働く千鶴の幼なじみでもあり、彼女の借金を肩代わりしています。立花を長瀬の噛ませ犬として育て、反抗するとゴミのように捨てるその非情さ、そして完膚無きまでにたたきのめす様は見ていて圧巻です。藤堂は立花が自分の店レッドフェニックスを出店すると、その正面にキャバクラをオープンさせ、不動産賃貸人や人材派遣元に圧力をかけていき、さらには立花の店からキャストを引き抜くなど立花を追いつめます。しかし、それでも立花は立ち向かっていき、一度は藤堂が敗れてしまいますが、今度は立花を逮捕に追い込みます。弱い者は徹底的に踏みつけ、風俗王になった今も上を目指す藤堂、彼の見つめる先には一体何があるのでしょうか。

黒い太陽は昨年、永井大さん主演で大ヒットしたテレビ朝日系深夜ドラマですが、昨日2007スペシャルとして復活しました。ご覧になった方も多いと思います。そのタイトルが「黒い太陽’07スペシャル - 素っ裸でカッポレ」です。この奇抜なタイトルに驚いた方も多いのではないでしょうか。ところでこの「黒い太陽’07スペシャル - 素っ裸でカッポレ」の「カッポレ」、何のことか皆さんご存知でしょうか。今日はこの「カッポレ」についてご紹介いたします。カッポレは「かっぽれかっぽれ甘茶でかっぽれ」という囃子言葉で有名な踊りです。江戸時代、大阪の堺にある住吉大社で願人坊主が踊っていた住吉踊りがその起源といわれています。この住吉踊りが天保13年(1842年)11月に禁止されました。住吉踊り以外の踊りが必要とされ、その頃にはやっていた志摩の国の囃子言葉、鳥羽節の一節「私しゃお前にかっ惚れた」を取り入れて「かっぽれ」が誕生したという説があります。そして、明治時代にかっぽれは爆発的な流行となりましたが、社会的な地位も低く、なかなか公には認められませんでした。しかしながら、かっぽれを公に認めてもらいたいというかっぽれを愛する人々の願い、特に明治維新以降のかっぽれを愛する人々の悲願は、梅后流かっぽれが文部大臣賞を受賞することで、伝統芸能としての位置づけを確立したことで届くこととなりました。このようにカッポレは江戸時代から広く庶民の文化として根付いてきた伝統ある踊りなのです。このカッポレを体験できる教室もあるそうです。興味がある方は是非チャレンジしてみてくださいね。

黒い太陽’07の登場人物についてです。昨年、永井大さん主演でヒットしたテレビ朝日系の深夜ドラマ黒い太陽」。先日’07スペシャルとして一夜限りの復活を果たしました。物語は主人公立花篤がキャバクラのボーイから初めて夜の世界のナンバー1へと成り上がっていく様子を描いています。本編のドラマでは立花がキャバクラ「レッドフェニックス」のオーナーとなり、一度は風俗王藤堂に勝利宣言したものの、売春斡旋容疑で逮捕され、パトカーに乗り込む瞬間に刺されて終わります。’07スペシャルはそこから1年後のお話です。今日はその’07スペシャルで新たに加わった登場人物についてご紹介します。最初の登場人物は三津谷葉子さん演じるリエ。彼女は立花が刺されてから1年後、キャバクラの厨房で働いているときに立花に引き抜かれたキャストです。父の借金を返済するためにキャバクラで働いているという1年前の千鶴と似ているところがあります。立花に教育され「One・Point」ナンバー1キャストとなり、身も心も立花に捧げ、立花と同棲中でしたが・・・。続いての登場人物は黒田勇樹さん演じる青山慶一です。青山は「One・Point」のアルバイトで「One・Point」のホームページを作成するなどITに長けた人物です。また、東京大学法学部に在学しており、数々のアイデアを出し、売り上げに貢献します。立花に株を進めたのも青山です。この他にもまだまだたくさんのキャストがドラマに華を添えています。是非ご覧になって下さいね。来年にはDVDも発売されるそうですよ。

黒い太陽の登場人物、桜井久美子についてです。昨年、大ヒットした金曜ナイトドラマ、「黒い太陽」をご存じですか。永井大さん演じる立花篤が、建築士の夢を持ちながらも父の借金と入院費のためキャバクラのボーイになります。次第に夜の世界の虜になっていき、夜の帝王となるべく成り上がっていく様子を描いたドラマです。昨年の連続ドラマに続き、先日、黒い太陽’07スペシャルとして1年ぶりに帰ってきました。このスペシャルも好評で、続編を望む声が数多くあるそうです。公式サイトのBBSにも数多くの書き込みがありました。今日はそんな話題の「黒い太陽」の登場人物をご紹介いたします。立花篤の父以外に唯一昼間の世界の住人、桜井久美子。彼女は立花の父が入院する徳翔会大田病院に看護士として勤めています。立花とは幼なじみであり、彼に想い寄せています。立花が夜の世界に足を踏み入れたことを聞くと、「夜の世界に染まらないで」と彼のことを心配します。同じ看護師仲間がキャバクラでバイトをしているのを知ると、体験入店してみようかなと立花に言いますが、立花は久美子が自分のように夜の世界に染まるのを嫌い、拒否します。しかし、立花の店「レッドフェニックス」で働く神崎にスカウトされ、キャストとして働くことになります。夜の世界に染まって欲しくないと思う一方、立花は店のため、立花と千鶴の関係を知った久美子が辞めると言い出すと、病院にばらそうとし、久美子は病院から謹慎処分を言い渡されます。しかし、最後は夜の世界から足を洗い、立花の父の最後を看取りました。


RSS関連リンク
スペース1999とスタートレックその3
ではなく、元々スペース 1999 と関係ない曲を使用しています。「 Journey Through The Black Sun 」 89 分、邦題「突入!ブラックホール」、 VHS と LD のみ発売。第 9 話 「月が巨大惑星と衝突!?」、第 4 話「 黒い太陽ブラックホール」がベースですが、冒頭

龍が如く・黒い太陽・・・ドラゴンボール
休日の過ごし方の1つPCで 映画鑑賞・DVD鑑賞 です ず?と、溜まっていた映画 を見ました^w^何故これが見たいかと言うと・・・ゲームで1と2をやって面...

[本]10月21日の新聞掲載
バイオリン 陳昌鉉 河出書房新社 02/9 02047021 N響80年全記録佐野之彦 文藝春秋 07/9 07047542 なんにもないところから芸術がはじまる 椹木野衣 新潮社 07/7 07038231 黒い太陽と赤いカニ 椹木野衣 中央公論新社 03/12 04000495 渥美清 浅草・話芸・寅さん 堀切直人 晶文社 07/9

★巨人軍・長嶋終身名誉監督夫人の
ブログ ケンイチ 松山千春 松嶋尚美 松坂大輔 松居直美 松嶋菜々子 松本大洋 公衆便所樹里と しかも ドラゴンクエストモンスターバトル編2 プレ企画10 SPカード(ダブり「黒い太陽」 高樹マリア お宝映像 | 2007/09/21 12:05 PM | 公衆便所樹里 画像,公衆便所 樹里 動画 公衆便所樹里 画像,公衆便所

バイトが休みだとどうしても気が抜けて
のでいいほうだと思います。2時間目:忘れました。すみませんです。ハイ。3時間目:電卓検定 新しく伝票をすることに。4時間目:文書処理検定 ただ単に10分以内でどれだけ打てるかというものです ?昼休み? 友人から借りた「黒い太陽」と


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。