黒い太陽記事一覧

黒い太陽ロケ地情報で

黒い太陽ロケ地情報です。永井大さん演じる立花篤が夜の帝王へとのし上がっていく人気ドラマ黒い太陽。今日はその人気ドラマ黒い太陽のロケ地をいくつかご紹介いたします。1つめのロケ地は主人公が最初に夜の世界の一歩を踏み出したキャバクラ「ミントキャンディ」。黒い太陽では欠かせないですよね。設定では新宿の歌舞伎町のキャバクラ、ということでしたが、実は銀座にあるオルフェ・マティオというお店です。ミントキャンディの入り口のみの登場で、店内はセットを作って撮影したそうです。続いてのロケ地は主人公がオーナーとしてオープンさせた渋谷道玄坂の「レッドフェニックス」の入り口。こちらは六本木で10年以上続くキャバクラ「Cha−Cha」です。風俗王藤堂が後継者にと指名した長瀬が店長を務める六本木のクラブピンクソーダー。こちらは新宿歌舞伎町のAMATERASです。店内でロケをしたようですよ。親の借金を返済するため夜の世界に身を投じた井上和香演ずる千鶴がOL時代にお弁当を食べていた噴水のある公園。こちらは日比谷公園です。さすがにキャバクラと違って気軽に行けるのでお近くの方は是非行ってみてくださいね。続いても回想シーンから。主人公立花篤とその父立花真一がキャッチボールをしていた土手。こちらは大田区の大師橋緑地を望む堤防です。主人公が子供のときに「人をだますな」と父親から言われたシーンが印象的でしたね。大人になった主人公がキャッチボールをしていた親子にボールを投げたシーンでも登場しました。

黒い太陽の第2話についてです。テレビ朝日系金曜ナイトドラマ黒い太陽」ご存じですか。昨年、永井大さん主演で話題を呼び、歴代視聴率第5位を記録しました。今日はその黒い太陽の第2話についてご紹介致します。物語は全8話。主人公立花篤が建築士の夢を抱きつつも、父の借金と入院費を稼ぐために夜の世界に身を投じます。夜の世界を嫌いながらも次第にその魅力に取り憑かれていき、風俗王藤堂を倒すため、夜の世界で成り上がっていく物語です。それでは第2話についてご紹介いたします。前回、客を殴ったことにより、謹慎処分になった立花。しかし、社長の藤堂は謹慎が終わったら立花をホール長へ昇格させるといいます。夜の世界で働くことに未だ抵抗感がある立花は藤堂に連れられて、キャバクラ「ピンクソーダー」へ行きます。そこで、ホール長長瀬と出会います。彼の無駄のない動き、見事な客の扱いに目を奪われた立花は、彼だけには負けたくない、と対抗意識を燃やします。そんなとき、一度は断られた設計事務所から空きが出来たから働かないか、と立花に電話がかかってきます。自らの夢を実現できると喜んだのもつかの間、入院費を催促され、お金のない惨めさを改めて思い知らされます。設計事務所の月給は16万。それに対し、ホール長になれば、80万を稼げる可能性があります。キャストの担当になればキャストの売り上げの10%がさらに上乗せされます。立花は設計事務所への就職を蹴り、お金のために夜の世界で生きていく決意をします。金のため、と奈緒の裸で土下座をしろという要求にも従い、ホール長になったことによる黒服のいじめにも耐えます。そしてある日、千鶴が立花と同じように親の借金を返すためにキャストになったことを知ると、千鶴に「あんたをナンバー1にしてみせる」とつぶやきます。黒い太陽としての一歩を歩み出した瞬間です。第2話も目が離せませんよ。

黒い太陽原作者、新堂冬樹さんについてです。永井大さん主演でドラマ化され、大ヒットした「黒い太陽」、ごらんになった方も多いと思います。先日、黒い太陽’07スペシャルとして復活しましたね。こちらも楽しみにしていた方も多いのでは。今日はそんな人気ドラマ黒い太陽」の原作者についてご紹介いたします。黒い太陽の原作者の新堂冬樹(しんどう ふゆき)さんは、1966年に大阪生まれました。なんとかつて闇金融の現場で働いていた経験を持つそうです。その経験を活かして、現在金融コンサルトとしても活躍中の作家です。1998年に「血塗られた神話」で作家としてデビューを果たし、第7回メフィスト賞を受賞しました。闇金融という裏の世界で働いていた経験を活かし、人間の金や女に対するどす黒い欲望を描写したノワール小説を描く「黒新堂」、そして、対極的に2003年に発表した「忘れ雪」のような純愛小説を描く「白新堂」、新堂さんには2つの顔があります。黒い太陽はタイトルの通り、黒新堂の代表的な作品と言えるでしょう。また、2007年の2月には芸能プロダクションの「新堂プロ」を設立。マルチな才能を発揮しています。芸能事務所を立ち上げるまで、2日で5時間の睡眠時間が丸2日徹夜して3日目5時間寝る生活になったそうです。10代の頃芸能界で働いていた経験を持つ新藤さん。その経験が忘れられずずっとタレントのプロデュースをしたかったそうです。黒新堂と白新堂の対極的な作風がタレントを育てる上での基本となるそうです。新堂プロからどんなタレントが出てくるか楽しみですね。

黒い太陽の第1話についてです。2006年に永井大さん主演で大ヒットした金曜ナイトドラマ黒い太陽。今日はその黒い太陽からその栄えある第1話をご紹介したいと思います。第1話のタイトルは「キャバクラ嬢vs黒服」です。立花篤の父真一は借金の保証人となり経営していた工場を借金のかたに奪われ心労で倒れ植物状態となってしまいました。立花篤はそんな父の借金と入院費を稼ぐため新宿歌舞伎町のキャバクラ「ミントキャンディ」で黒服として働くこととなります。キャスト(キャバクラ嬢)が主役であるキャバクラで、黒服はひたすら彼女たちが気持ちよく仕事が出来るよう奴隷とも思われる扱いに耐えています。そんな夜の世界になじめない立花。実は彼は建築士という夢があり、どうしてもその夢を諦めきれずにいました。しかし、そんな中、同じように親の借金を返すためキャストになった千鶴に共感し、心を通わせるようになります。千鶴に執拗にボディタッチを繰り返す客を殴ってしまった立花。しかし、風俗王と呼ばれミントキャンディの社長でもある藤堂が下した決断は1週間の謹慎でした。さらに、復帰後、立花をホール長にするチャンスを藤堂は与えます。そしてある日、同系列のライバル店「ピンクソーダー」のホール長長瀬が店を完璧に仕切っている姿を見て、長瀬をライバル視するようになります。千鶴に心惹かれながらもこのまま毛嫌いする夜の世界にいていいものか悩む立花。そんなとき、面接を受けた建築設計事務所から採用の知らせがとどきます。建築士の夢をとるのか、それとも夜の世界に残るのか、立花に二者択一のときがやってきました。立花はどちらを選ぶのでしょうか。黒い太陽として成長していく主人公立花の第1歩が今踏み出されようとしています。第1話を見逃してしまった方はDVDが発売中ですのでご覧になってくださいね。


RSS関連リンク
女子高生が気になるよね
パイズリと手コキで男をイカせる!『無修正動画』早坂ひとみ敏感.... 新堂冬樹氏が女子高生3人組プロデュース 「黒い太陽」や「忘れ雪」などで知られる人気作家新堂冬樹氏(40)が、歌手プロデュースに乗り出すことが10日、分かった。女子

TOSSについて調べてみました!
意味してるの?と思った事は無いですか?カラーセラピー、アロマセラピー、いろんなセラピーがありますけど、セラピーとは治療や治癒術と言う意味だそうです。... TOSSかな…?オリンピック、カズンそれか吉野家求人黒い太陽資生堂小栗旬占い沢尻エリカ賃貸内職平野綾GoogleEarthNOVAPSPTOSSYKKうたばんお

牛に願いを ウィキペディアのご紹介です!
踊る大捜査線を調べてみたりみなかったり 2 エンジン anego?アネゴ? 生きる(黒沢明スペシャルドラマ) オレンジデイズ 牛に願いを アンフェア 1リットルの涙 踊る大捜査線 アテンションプリーズ 【カ行】 ガリレオ がんばっていきまっしょい 黒い太陽 黒い太陽07スペシャル ガチバカ ...(続きを読む

岩手朝日テレビのウワサ
月下旬以降?) ...「黒い太陽(再)」(放送中) 岩手朝日 テレビ 10/24(水) 0:45?他 ☆BS---------------------------------------------- ●ドラマW「長い長い殺人」 (原作:宮部みゆきさん

黒い太陽'07スペシャル
中で2006年に永井大さん主演で話題を呼んだ「黒い太陽」、つい先日も「黒い太陽'07スペシャル - 素っ裸でカッポレ」として85分拡大放送されましたね。ご覧になった方も多いと思います。そんな話題のドラマがDVDBOXとして株式会社ポニーキャニオンから好評発売


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。