黒い太陽記事一覧

黒い太陽ロケ地情報で

黒い太陽ロケ地情報です。永井大さん演じる立花篤が夜の帝王へとのし上がっていく人気ドラマ黒い太陽。今日はその人気ドラマ黒い太陽のロケ地をいくつかご紹介いたします。1つめのロケ地は主人公が最初に夜の世界の一歩を踏み出したキャバクラ「ミントキャンディ」。黒い太陽では欠かせないですよね。設定では新宿の歌舞伎町のキャバクラ、ということでしたが、実は銀座にあるオルフェ・マティオというお店です。ミントキャンディの入り口のみの登場で、店内はセットを作って撮影したそうです。続いてのロケ地は主人公がオーナーとしてオープンさせた渋谷道玄坂の「レッドフェニックス」の入り口。こちらは六本木で10年以上続くキャバクラ「Cha−Cha」です。風俗王藤堂が後継者にと指名した長瀬が店長を務める六本木のクラブピンクソーダー。こちらは新宿歌舞伎町のAMATERASです。店内でロケをしたようですよ。親の借金を返済するため夜の世界に身を投じた井上和香演ずる千鶴がOL時代にお弁当を食べていた噴水のある公園。こちらは日比谷公園です。さすがにキャバクラと違って気軽に行けるのでお近くの方は是非行ってみてくださいね。続いても回想シーンから。主人公立花篤とその父立花真一がキャッチボールをしていた土手。こちらは大田区の大師橋緑地を望む堤防です。主人公が子供のときに「人をだますな」と父親から言われたシーンが印象的でしたね。大人になった主人公がキャッチボールをしていた親子にボールを投げたシーンでも登場しました。

黒い太陽の最終回についてです。永井大さん主演で新堂冬樹さんの同名小説をドラマ化した黒い太陽。深夜ドラマとして歴代5位の高視聴率を獲得し、話題になりました。主人公の立花がキャバクラのボーイから夜の世界のナンバー1へと上り詰めていく物語です。今日はその黒い太陽の最終回「決戦!!立花よ永遠に」をご紹介いたします。レッドフェニックスの店長として働く主人公立花。風俗王藤堂から宣戦布告をされた立花の前に、立花が最初に働いていたミントキャンディで黒服をしていた菊田が現れ、三宅川とひなのの関係をネタに100万円の口止め料を要求します。さらに追い打ちをかけるように藤堂が圧力をかけ不動産会社残りの保証金を要求したり、藤堂がキャストを大量に引き抜き、キャストの派遣元にも圧力をかけたりと、立花は追い込まれていきます。その上、久美子や神崎までも店を去り、レッドフェニックスは瀕死の状態に陥ってしまいます。しかし、ホワイトイブのキャスト冬美がレッドフェニックスへ移籍してもよいと言い出します。冬美は藤堂が千鶴のことを好きであることに嫉妬し、千鶴を辞めさせることを条件として提示します。立花は苦渋の洗濯を迫られますが、千鶴を解雇します。千鶴は「いつでも立花君の味方だよ」という言葉を残し、レッドフェニックスを去っていきました。冬美の移籍により、レッドフェニックスは不死鳥の如く蘇り、藤堂へ勝利宣言をした立花。しかし、父の様態が急変したという連絡を受け、病院に向かう途中、藤堂の策略により売春斡旋容疑で逮捕されてしまいます。さらにパトカーに乗り込む立花を菊田が刺し、立花は意識がもうろうとするなか「太陽はどこだ・・・」と必死で何かを折っていました。とにかく一時も目が離せない最終回、是非ご覧になって下さい。最終回を見逃してしまった方もDVDが発売中ですよ。

黒い太陽’07の登場人物についてです。昨年、永井大さん主演でヒットしたテレビ朝日系の深夜ドラマ「黒い太陽」。先日’07スペシャルとして一夜限りの復活を果たしました。物語は主人公立花篤がキャバクラのボーイから初めて夜の世界のナンバー1へと成り上がっていく様子を描いています。本編のドラマでは立花がキャバクラ「レッドフェニックス」のオーナーとなり、一度は風俗王藤堂に勝利宣言したものの、売春斡旋容疑で逮捕され、パトカーに乗り込む瞬間に刺されて終わります。’07スペシャルはそこから1年後のお話です。今日はその’07スペシャルで新たに加わった登場人物についてご紹介します。最初の登場人物は三津谷葉子さん演じるリエ。彼女は立花が刺されてから1年後、キャバクラの厨房で働いているときに立花に引き抜かれたキャストです。父の借金を返済するためにキャバクラで働いているという1年前の千鶴と似ているところがあります。立花に教育され「One・Point」ナンバー1キャストとなり、身も心も立花に捧げ、立花と同棲中でしたが・・・。続いての登場人物は黒田勇樹さん演じる青山慶一です。青山は「One・Point」のアルバイトで「One・Point」のホームページを作成するなどITに長けた人物です。また、東京大学法学部に在学しており、数々のアイデアを出し、売り上げに貢献します。立花に株を進めたのも青山です。この他にもまだまだたくさんのキャストがドラマに華を添えています。是非ご覧になって下さいね。来年にはDVDも発売されるそうですよ。

黒い太陽DVD情報です。「特命係長・只野仁」や「時効警察」などテレビ朝日系の金曜ナイトドラマは社会現象になるものもあり目を離せません。そんな金曜ドラマの中で2006年に永井大さん主演で話題を呼んだ「黒い太陽」、つい先日も「黒い太陽’07スペシャル - 素っ裸でカッポレ」として85分拡大放送されましたね。ご覧になった方も多いと思います。そんな話題のドラマがDVD−BOXとして株式会社ポニーキャニオンから好評発売中です。闇金融や夜の世界に精通する新堂冬樹さん原作で漫画にもなった同盟の小説をドラマ化したものです。今回は「黒い太陽 ディレクターズカット版 DVD−BOX」ということで、テレビで放送された全8話の通常バージョンの他に、未公開シーンが70分も加わった豪華版です。4枚組で1枚に2話ずつ収録されており、お値段は税込みで15960円です。出演は主演の永井大をはじめとして井上和香、酒井若菜といった裏の世界を華やかに演じる女性陣、そして裏の世界の帝王として君臨する藤堂を演じる伊原剛志といった個性派俳優ばかりです。黒い太陽のストーリーをご紹介します。主人公は建築士を目指していた立花篤。彼の父親は借金を抱えたまま入院。立花は借金と父親の入院費を稼ぐため毛嫌いしていた夜の世界へ身を投じた。しかし、次第に夜の世界の魅力にとりつかれていく立花。風俗王藤堂を倒し、夜の世界の帝王となるため、立花は黒く成長していく。様々な人間模様、夜の世界の裏側まで鮮明に描いたドラマは見るものをひきつけて離しません。


RSS関連リンク
黒い太陽の視聴率
すため野望に燃え、黒く成長していきます。夜の世界を取り巻く人間模様、業界人も唖然となったリアリティある裏側を描いているドラマは見る人を飽きさせません。さて、冒頭にもご紹介しましたように黒い太陽は金曜ナイトドラマ視聴率で歴代5位に入

黒い太陽「奈緒」
という視聴率をたたき出した黒い太陽、先日、黒い太陽'07スペシャルも放送されたのでご覧になった方も多いと思います。今日はその黒い太陽の登場人物から滝沢沙織演じる奈緒についてご紹介したいと思います。奈緒は主人公立花が初めて働いた

永井大って変じゃない?
ます。永井大の「黒い太陽」が復活 「黒い太陽」は、人気作家新堂冬樹氏のベストセラーを原作に、夜の世界の頂点を目指しキャバクラを舞台に成り上がっていく立花(永井大)の姿を描いた。昨年7月の放送では、平均視聴率11・2%と、

アメトーーク 新着人気ブログ- 何があった
視聴率9/20 どんど晴れ連日20越え 二宮マラソン アメトーークSP 15.2%21:00-22:48TBS感動ドラマ特別企画・マラソン普段のTBSドラマ枠から考えるとかなりの高視聴率。... ≪≪TV番組≫≫ ...ドラえもん オーラの泉 日曜洋画劇場 スーパーモーニング やじうまプラス 旅の香り 黒い太陽

最新黒い太陽情報:ポスト「只野仁
) テレ朝が金曜ナイトドラマで「黒い太陽」を“復活"させたのには理由がある。「『黒い太陽』は金曜ナイトドラマ枠で、『特命係長 只野仁』や、『帰ってきた時効警察』に続く歴代5位の高視聴率を稼ぎました。金曜の


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。