黒い太陽記事一覧

黒い太陽の第6話につ

黒い太陽の第6話についてです。永井大さん主演のドラマ黒い太陽。金曜ナイトドラマとしては歴代視聴率5位を記録し、大ヒットしました。つい先日も黒い太陽’07スペシャルとして一夜限りの復活を果たし、また話題を呼びましたね。今日は昨年放送された本編「黒い太陽」の中でも一気に物語の流れが変わる第6話をご紹介します。第6話についてお話しする前に、簡単にあらすじをお話しします。主人公立花篤は建築士を夢見ていましたが、父の借金と入院費を稼ぐため、夜の世界へと身を投じていきます。夜の世界を毛嫌いしながらも同じ境遇のキャスト千鶴に惹かれていき辞められないまま次第に夜の世界の虜となっていきます。主人公が働くキャバクラミントキャンディ等数多くの店を持つ社長、通称風俗王の藤堂。彼に才能を見込まれ、店長にまで上り詰めます。しかし、それは藤堂が後継者にと見込んだ長瀬の噛ませ犬にするためでした。それを知った立花は・・・。ここからが本題です。なんとしても藤堂や長瀬を見返してやりたい立花。そのために新人キャストを入れたり、衣装を変えたりしますが、効果が上がらず、ついには経費節減として黒服をやめさせたり、給料を5%カットして、黒服の反感を買います。さらにはキャストである笑子との関係が黒服にばれ、立花は袋だたきにあいます。さらに経済界の大物三宅川に呼ばれると、立花をホール長に降格すると藤堂が話しているのを聞かされます。なんとしても藤堂を追いつめたい立花は、千鶴に藤堂の弱点を探させます。そして、非合法の地下パーティのことを千鶴から聞かされ、それをネタに藤堂に店の権利を譲るよう迫りますが、千鶴は最後の最後で裏切り藤堂の側につきます。完璧に打ちのめされた立花は、店を辞め、そして1年後、別の店のボーイとして働き、再起を誓うところで第6話は終わります。

黒い太陽の最終回についてです。永井大さん主演で新堂冬樹さんの同名小説をドラマ化した黒い太陽。深夜ドラマとして歴代5位の高視聴率を獲得し、話題になりました。主人公の立花がキャバクラのボーイから夜の世界のナンバー1へと上り詰めていく物語です。今日はその黒い太陽の最終回「決戦!!立花よ永遠に」をご紹介いたします。レッドフェニックスの店長として働く主人公立花。風俗王藤堂から宣戦布告をされた立花の前に、立花が最初に働いていたミントキャンディで黒服をしていた菊田が現れ、三宅川とひなのの関係をネタに100万円の口止め料を要求します。さらに追い打ちをかけるように藤堂が圧力をかけ不動産会社残りの保証金を要求したり、藤堂がキャストを大量に引き抜き、キャストの派遣元にも圧力をかけたりと、立花は追い込まれていきます。その上、久美子や神崎までも店を去り、レッドフェニックスは瀕死の状態に陥ってしまいます。しかし、ホワイトイブのキャスト冬美がレッドフェニックスへ移籍してもよいと言い出します。冬美は藤堂が千鶴のことを好きであることに嫉妬し、千鶴を辞めさせることを条件として提示します。立花は苦渋の洗濯を迫られますが、千鶴を解雇します。千鶴は「いつでも立花君の味方だよ」という言葉を残し、レッドフェニックスを去っていきました。冬美の移籍により、レッドフェニックスは不死鳥の如く蘇り、藤堂へ勝利宣言をした立花。しかし、父の様態が急変したという連絡を受け、病院に向かう途中、藤堂の策略により売春斡旋容疑で逮捕されてしまいます。さらにパトカーに乗り込む立花を菊田が刺し、立花は意識がもうろうとするなか「太陽はどこだ・・・」と必死で何かを折っていました。とにかく一時も目が離せない最終回、是非ご覧になって下さい。最終回を見逃してしまった方もDVDが発売中ですよ。

黒い太陽’07スペシャル、ご覧になりましたか。永井大さん演じる立花篤が、キャバクラのボーイから初めて夜の世界の帝王へと成り上がっていく物語です。実は、昨年金曜ナイトドラマとして放送され、高視聴率を獲得しました。前回、風俗王藤堂に一度は勝利宣言したものの、藤堂にはめられ売春斡旋容疑で逮捕されます。パトカーに乗り込む直前にも元同僚の菊田に刺されて道路に仰向けで倒れてしまったところで最終回が終わり、続編があるのか?と騒然となりました。そんな最終回から1年後、’07スペシャルとして黒い太陽は復活しました。その黒い太陽’07スペシャルのあらすじをご紹介します。物語も立花がさされてから1年後から始まります。立花はキャバクラの厨房で働いており、再び藤堂を倒す契機を狙っていました。そんなとき、厨房でしかられているキャスト、リエに来月店を出すから来ませんかと声をかける。そして立花は予告通り2ヶ月後、キャバクラ激安店「One・Point」をオープンします。全ては藤堂への復讐のため。立花が最初にオープンしたキャバクラ「レッドフェニックス」を再びオープンしようと画策していました。立花の元には神崎や大滝が集まり、復讐を誓います。さらには大学生青山もアルバイトとして採用し、彼の商才は売り上げアップに貢献します。立花は藤堂グループのキャバクラ「ピンクソーダー」から次々とキャストを引き抜きます。ようやく藤堂が立花の存在に気づいたとき、風俗王としての反撃を開始します。

黒い太陽第4話について今日はご紹介いたします。黒い太陽、昨年永井大さん主演で、テレビ朝日系金曜ナイトドラマで放送されました。このドラマは新堂冬樹さんの同名小説をもとに作られています。キャバクラという夜の世界を舞台にした物語で、主人公立花篤がキャバクラのボーイから夜の帝王へと上り詰めていく過程を描いています。キャストや黒服の複雑な人間関係、夜の世界の人間をあっと言わせたほど踏み込んだ夜の世界の裏側を描いており、見る者を飽きさせません。第3話でミントキャンディの店長にのぼりつめた立花、第4話では立花自ら黒い太陽に近づいていることを実感します。店長になってその手腕を思う存分発揮する立花。しかし、立花が店長になったことで降格された神崎は立花に反抗します。さらに、元ナンバー1キャストの奈緒は、千鶴にナンバー1を奪われたことで面白くありません。奈緒はピンクソーダーへ移籍し、立花は痛手を負います。さらに、笑子までもが引き抜き話があると言いだし、立花に付き合ってくれと迫ります。そんなとき、立花は藤堂に連れられ政財界の長老、三宅川の元へ。三宅川は立花を全裸にさせ、さらに三宅川の女達を目の前で悦ばせるよう言います。覚悟を決めたとき、三宅川は「もっと泥水を飲め」と立花を応援することを約束します。三宅川の言葉で吹っ切れた立花は、笑子と関係を持つことに。さらに三宅川が店に来た際、キャストのひなのを三宅川に差し出します。黒くなっていく立花は、唯一黒服の中で味方だった大滝さえも切り捨ててしまいます。第4話、是非ご覧ください。


RSS関連リンク
伊太利亭
で伊太利亭へ.....イタリアンの食べ放題のお店だょッ♪♪ わかリます??めちャ食べたあ?!!!かぼちャのプリンおいしかったあ(゜▽゜) 帰りはツルハでちょこっと買い物して,TSUTAYAで黒い太陽とガキ使の【罰】を借りました♪♪

金曜ナイトドラマ「モップガール」で北川景子
「黒い太陽」など人気のドラマがズラリと放送されてました。前クールの「スシ王子!」がちょっと痛いデキで視聴率は散々でしたから余計に良く見えるのかも。しかし、話の内容がそのまんま「トゥルー・コーリング」じゃんか!と思った人も多い

おせっかいと偽善者
ました。来週は給料はいるし楽しみです。「おもひでぽろぽろ」みました。前にも何回か見たことあるけど 印象に残っているシーンは序盤のパイナップルのところ。そして今日もそこしか覚えてません。でも やっぱり紅の豚が好き!本日の一曲 黒い太陽/

寒いってば
黒い太陽は実はちょうちょの大群でできてるし 宇宙は黒くなんかない、透明なだけなんだって 誰かが言っていた。素敵なロマンチストだなぁ、もう。あー…卒論書かなきゃ。。。

よし
はちゃんと大学行った まぁ明日は行くかわからないけども・・・笑 つーか最近すぐお腹痛くなるなぁ 前以上に 軽くやばい iPod電池切れるのはやくなってきたから新しいのほしいなー 安くなったらtouch買うかな 金曜にやってるテレビは微妙だね 黒い太陽復活


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。