黒い太陽記事一覧

黒い太陽の第6話につ

黒い太陽の第6話についてです。永井大さん主演のドラマ黒い太陽。金曜ナイトドラマとしては歴代視聴率5位を記録し、大ヒットしました。つい先日も黒い太陽’07スペシャルとして一夜限りの復活を果たし、また話題を呼びましたね。今日は昨年放送された本編「黒い太陽」の中でも一気に物語の流れが変わる第6話をご紹介します。第6話についてお話しする前に、簡単にあらすじをお話しします。主人公立花篤は建築士を夢見ていましたが、父の借金と入院費を稼ぐため、夜の世界へと身を投じていきます。夜の世界を毛嫌いしながらも同じ境遇のキャスト千鶴に惹かれていき辞められないまま次第に夜の世界の虜となっていきます。主人公が働くキャバクラミントキャンディ等数多くの店を持つ社長、通称風俗王の藤堂。彼に才能を見込まれ、店長にまで上り詰めます。しかし、それは藤堂が後継者にと見込んだ長瀬の噛ませ犬にするためでした。それを知った立花は・・・。ここからが本題です。なんとしても藤堂や長瀬を見返してやりたい立花。そのために新人キャストを入れたり、衣装を変えたりしますが、効果が上がらず、ついには経費節減として黒服をやめさせたり、給料を5%カットして、黒服の反感を買います。さらにはキャストである笑子との関係が黒服にばれ、立花は袋だたきにあいます。さらに経済界の大物三宅川に呼ばれると、立花をホール長に降格すると藤堂が話しているのを聞かされます。なんとしても藤堂を追いつめたい立花は、千鶴に藤堂の弱点を探させます。そして、非合法の地下パーティのことを千鶴から聞かされ、それをネタに藤堂に店の権利を譲るよう迫りますが、千鶴は最後の最後で裏切り藤堂の側につきます。完璧に打ちのめされた立花は、店を辞め、そして1年後、別の店のボーイとして働き、再起を誓うところで第6話は終わります。

黒い太陽は昨年、永井大さん主演で大ヒットしたテレビ朝日系深夜ドラマですが、昨日2007スペシャルとして復活しました。ご覧になった方も多いと思います。そのタイトルが「黒い太陽’07スペシャル - 素っ裸でカッポレ」です。この奇抜なタイトルに驚いた方も多いのではないでしょうか。ところでこの「黒い太陽’07スペシャル - 素っ裸でカッポレ」の「カッポレ」、何のことか皆さんご存知でしょうか。今日はこの「カッポレ」についてご紹介いたします。カッポレは「かっぽれかっぽれ甘茶でかっぽれ」という囃子言葉で有名な踊りです。江戸時代、大阪の堺にある住吉大社で願人坊主が踊っていた住吉踊りがその起源といわれています。この住吉踊りが天保13年(1842年)11月に禁止されました。住吉踊り以外の踊りが必要とされ、その頃にはやっていた志摩の国の囃子言葉、鳥羽節の一節「私しゃお前にかっ惚れた」を取り入れて「かっぽれ」が誕生したという説があります。そして、明治時代にかっぽれは爆発的な流行となりましたが、社会的な地位も低く、なかなか公には認められませんでした。しかしながら、かっぽれを公に認めてもらいたいというかっぽれを愛する人々の願い、特に明治維新以降のかっぽれを愛する人々の悲願は、梅后流かっぽれが文部大臣賞を受賞することで、伝統芸能としての位置づけを確立したことで届くこととなりました。このようにカッポレは江戸時代から広く庶民の文化として根付いてきた伝統ある踊りなのです。このカッポレを体験できる教室もあるそうです。興味がある方は是非チャレンジしてみてくださいね。

昨年の夏、大ヒットしたドラマ黒い太陽。先ごろスペシャルで続編が放送されましたね。見られた方も多いと思います。その黒い太陽で主役を演じた永井大さんが、なんとフィットネスクラブの臨時インストラクターを務めることになったそうです。黒い太陽でも体脂肪率5%というすばらしい肉体を披露したイケメン俳優永井大さん。そんな永井大さんの直接指導を受けたい女性は多いでしょう。永井大さんがインストラクターを務めるのは、東京の新小岩にオープンした30分フィットネスクラブ「SaCut3(サクットスリー)」です。この「SaCut3(サクットスリー)」は永井大さんの父、雅夫さんがオープンさせたフィットネスクラブなんですよ。松濤館流空手6段の腕前を持つ雅夫さんは会社員のかたわら、新潟県の高校や道場で空手を教えていましたが、昨年の秋に、妻の明美さんが病に倒れ、看護環境や設備の整った東京の病院で治療を受けさせたいと、今年4月に上京したそうです。大さんにも背中を押され、定年まであと5年の会社を辞め、上京、フィットネスクラブのオープンへとこぎつけました。この「SaCut3(サクットスリー)」は1日30分間の運動を3ヶ月続けると3キロやせることができる、をテーマにしたフィットネスクラブです。ビリー隊長には負けません!と笑顔で語ってくれた雅夫さん。大さんの話題になると、息子にもインストラクターをお願いしているんですよ、と目じりを下げていた。

黒い太陽の登場人物、桜井久美子についてです。昨年、大ヒットした金曜ナイトドラマ、「黒い太陽」をご存じですか。永井大さん演じる立花篤が、建築士の夢を持ちながらも父の借金と入院費のためキャバクラのボーイになります。次第に夜の世界の虜になっていき、夜の帝王となるべく成り上がっていく様子を描いたドラマです。昨年の連続ドラマに続き、先日、黒い太陽’07スペシャルとして1年ぶりに帰ってきました。このスペシャルも好評で、続編を望む声が数多くあるそうです。公式サイトのBBSにも数多くの書き込みがありました。今日はそんな話題の「黒い太陽」の登場人物をご紹介いたします。立花篤の父以外に唯一昼間の世界の住人、桜井久美子。彼女は立花の父が入院する徳翔会大田病院に看護士として勤めています。立花とは幼なじみであり、彼に想い寄せています。立花が夜の世界に足を踏み入れたことを聞くと、「夜の世界に染まらないで」と彼のことを心配します。同じ看護師仲間がキャバクラでバイトをしているのを知ると、体験入店してみようかなと立花に言いますが、立花は久美子が自分のように夜の世界に染まるのを嫌い、拒否します。しかし、立花の店「レッドフェニックス」で働く神崎にスカウトされ、キャストとして働くことになります。夜の世界に染まって欲しくないと思う一方、立花は店のため、立花と千鶴の関係を知った久美子が辞めると言い出すと、病院にばらそうとし、久美子は病院から謹慎処分を言い渡されます。しかし、最後は夜の世界から足を洗い、立花の父の最後を看取りました。


RSS関連リンク
[J][TV]有閑まとめ
がいいと思います。笑いどころ(つっこませどころ)ハズしてねーし。配役もそういう意味ではアタリです。横山さんも黒い太陽のワカパイみたいなもんだと思えば最強キャストだと思う。ただ火曜日の10時にやるにはちょっとアホすぎて申し訳ない気

『昨日の面接』の話
してみた。メッキが剥がれて実は「ヘタレ」だったら私、落ち込みそうだ(笑)。黒い太陽/新堂 冬樹 ¥2,205 Amazon.co.jp 黒い太陽(1)/笠原 倫 ¥560 Amazon.co.jp 黒い太陽(2)/笠原 倫 ¥560 Amazon.co.jp 黒い太陽 DVD-

有閑倶楽部
マジおもろくね ファンなんですけど てかぷっすまだあ なぎすけは始まった当初からみてる気がする ビビり王最高 だよね 笑 ,,,つまんねえなあ 笑 ぢゃあ 黒い太陽(再) マジエロいんですけどww 明日の学校でいいネタになるぞぉ(^o^)/ ,,,といいながらこのブログをリア友にバレない

他の条件での検索結果をみる

- [黒い太陽 ] の次のページを表示する
[黒い太陽 ] の評判情報を表示する
[黒い太陽 ] を適合度順で表示する

]]>


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。