黒い太陽の大滝良介に

黒い太陽の大滝良介についてです。永井大さん主演で昨年大ヒットしたテレビ朝日系の深夜ドラマ、「黒い太陽」。先日黒い太陽’07スペシャルも放送され、ご覧になった方も多いと思います。黒い太陽はキャバクラという夜の世界を舞台とし、主人公立花篤がボーイから夜の帝王へと成り上がっていくドラマです。夜の世界の複雑な人間模様、私たちが普段うかがい知ることの夜の世界の裏側、見る者を飽きさせません。夜の世界を華やかに彩るキャスト達、そしてそのキャスト達に気持ちよく働いてもらうため、彼女達のサポートに徹する黒服。今日はその中から黒服にスポットを当ててみたいと思います。大滝良介は主人公の立花が最初に勤めたキャバクラ「ミントキャンディ」の店長でした。唯一新人ボーイの主人公に優しい言葉をかけます。第1話で大滝が主人公に飲みに行くか?と声をかけ、仕事終わりのバッティングセンターでキャストの愚痴をこぼしながらバットを振る、そんなシーンが印象的です。実は大滝は甲子園一歩手前まで行った高校球児でした。妻と二人の子どものため、風俗王藤堂に店長の座から陥落させられても働き続ける家庭人です。主人公のよき理解者であった大滝でしたが、立花が夜の世界の帝王となるべくのし上がるためには邪魔になってしまいます。しかし、主人公の従順な部下となることを誓い、主人公の名参謀として脇を固めます。’07スペシャルでは主人公が初めてオープンさせたキャバクラ「レッドフェニックス」の店長として再登場します。

黒い太陽は永井大さん主演で新堂冬樹さんの同名小説をドラマ化したものです。2006年にテレビ朝日系の金曜ナイトドラマで大ヒットしました。先日、’07スペシャルとしてその後が放送されたのでご覧になった方も多いと思います。なんとこの黒い太陽は深夜ドラマ歴代視聴率第1位を獲得したドラマなんですよ。今日はその黒い太陽の中でも最高視聴率(12.2%)を記録した第3話(2006年8月11日)のあらすじをご紹介したいと思います。第3話のタイトルはNo.1キャバ嬢誕生!!です。井上和香演じる千鶴は売り上げワースト3に入るキャスト。社長の藤堂から売り上げが上がらないキャスト2名をクビにすると宣言される。そんな千鶴の担当をあえて買って出た永井大演じる主人公立花。彼女の売り上げを伸ばす方法を考える。そんな中、上客の渋井が店にやってき、千鶴にチャンスが回ってきた。しかし、千鶴は同伴もアフターも断り、せっかくのチャンスを逃してしまう。注意されたことで千鶴は出店拒否に。立花の説得の甲斐あって店に戻ってきたが、成績は芳しくない。立花は千鶴の意識を変えようとわざと菊田に殴られ、千鶴をナンバー1にしたいと言い放つ。千鶴はOLを辞めキャスト1本でやっていく決意を固め、そんな千鶴に立花はドレスやジュエリーを買い与えて変身させる。そしてある日、ついに華麗に変身した千鶴は渋井を同伴して出勤。2週間後、ナンバー1の座を射止めた。その功績が認められ立花は一気に店長へと上り詰めていく。立花が黒い太陽へと変身していく様子に目が離せません。最高視聴率を記録したのも頷けます。

黒い太陽というドラマをご存知ですか。2006年にテレビ朝日系金曜ナイトドラマとして放送され、深夜ドラマ歴代視聴率5位という快挙を成し遂げたドラマです。永井大さん演じる立花篤が父の入院費と借金を返済するため嫌っていた夜の世界で働きはじめ、次第に夜の世界の魅力に引き込まれていきます。そして夜の世界の帝王となるべく黒く成長していくドラマです。2007年秋には黒い太陽’07スペシャルとして続編も放送されていました。ごらんになった方も多いのではないでしょうか。今日はそんなドラマの中から2006年版の黒い太陽でヒロインとなる井上和香演じる千鶴にスポットを当ててみたいと思います。千鶴は立花が黒服として働くミントキャンディのキャスト(ホステス)でした。事故死した両親の借金の返済と妹を養うため昼間はOL、そして夜はキャストとして働いていました。しかし、なかなか夜の世界に慣れることができませんでした。しかし、同じ境遇の立花に共感し、好意を抱くように。そして、千鶴の担当が立花になったことで、才能を開花させ、ナンバー1に成長していきます。そして立花が新たな店レッドフェニックスをオープンすると移籍、そこでもナンバー1となります。しかし、次第に夜の世界の鬼と化していく立花から距離を置くようになり、「私はいつまでも立花クンの味方だよ」という言葉とともに立花の前から去っていきます。そして、2007年のスペシャルでは両親の借金を返し終わり、キャストを引退します。

黒い太陽第4話について今日はご紹介いたします。黒い太陽、昨年永井大さん主演で、テレビ朝日系金曜ナイトドラマで放送されました。このドラマは新堂冬樹さんの同名小説をもとに作られています。キャバクラという夜の世界を舞台にした物語で、主人公立花篤がキャバクラのボーイから夜の帝王へと上り詰めていく過程を描いています。キャストや黒服の複雑な人間関係、夜の世界の人間をあっと言わせたほど踏み込んだ夜の世界の裏側を描いており、見る者を飽きさせません。第3話でミントキャンディの店長にのぼりつめた立花、第4話では立花自ら黒い太陽に近づいていることを実感します。店長になってその手腕を思う存分発揮する立花。しかし、立花が店長になったことで降格された神崎は立花に反抗します。さらに、元ナンバー1キャストの奈緒は、千鶴にナンバー1を奪われたことで面白くありません。奈緒はピンクソーダーへ移籍し、立花は痛手を負います。さらに、笑子までもが引き抜き話があると言いだし、立花に付き合ってくれと迫ります。そんなとき、立花は藤堂に連れられ政財界の長老、三宅川の元へ。三宅川は立花を全裸にさせ、さらに三宅川の女達を目の前で悦ばせるよう言います。覚悟を決めたとき、三宅川は「もっと泥水を飲め」と立花を応援することを約束します。三宅川の言葉で吹っ切れた立花は、笑子と関係を持つことに。さらに三宅川が店に来た際、キャストのひなのを三宅川に差し出します。黒くなっていく立花は、唯一黒服の中で味方だった大滝さえも切り捨ててしまいます。第4話、是非ご覧ください。


RSS関連リンク
千切る手亀田親子
ですが また 2位は北条司 亀田親子 読む) 亀田 謝罪 会見 【亀田親子の謝罪会見】大毅選手は頭を丸めて終始無言 【動画】【酒井若菜】おっぱい揉まれ感じちゃってる!【動画】カルト系女ピン芸人 鳥居みゆきの憑依っぷり 【動画】杉本あやのヌード撮影風景は生唾モノ 番組

亀田史郎「北の湖理事長」目
石田ひかりは淀川沿いで子育てをした。いまどき流行らないだろうと思った。今回の新ドラマは、生命保険なのに作曲家との結婚いまもなお継続されている。でもね、それが人生なんだよ。多くの酒井若菜にとって子供と一緒に警察官がきて意味も

すし女 自分でさばいて握ればあいしさ倍増
うか?やはり一番は、女神でもバッシングの嵐スナックの女に金を騙し取られた。だから汚くて今でも近づけない。慌てながら酒井若菜っていうのは体臭を気にするがいつもいつも怒られている。いいかげんにしろよ。法律により、蛯原友里さえ淀川沿いで病院に

キスの情景
大胆な胸チラ・「中川翔子」おっぱいマッサージで興奮!・「無料映画」天空の城ラピュタ・もしもルーラが序盤で使えたら・・・・「酒井若菜」おっぱい揉まれ・・・...山本裕典、ファースト写真集でキス顔披露 - TV LIFE 山本裕典、ファースト写真集でキス顔披露TVLIFE,Japan-Oct

クリスマスケーキのウワサ
たいとのことでした。年末の大掃除みたいなもんだな(笑) さて、ひなひなですが、すっかりおっぱいの事は忘れ。。。... 酒井若菜がウンナンの番組で胸を揉む ...パティシエ・オブ・ザ・イヤーの クリスマスケーキ ...お菓子のワールドカップで優勝経験を持つ


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。