黒い太陽の第7話につ

黒い太陽の第7話についてです。藤堂冬樹さんの小説「黒い太陽」、2006年に永井大さん主演でドラマ化されました。深夜ドラマの歴代視聴率第5位という高視聴率を記録し、つい先日、黒い太陽’07スペシャルとして一夜限りの復活も果たしました。今日はその黒い太陽の第7話についてお話しします。黒い太陽は主人公立花篤がキャバクラのボーイからはじめて、夜の帝王へと成り上がっていく物語です。前回、新宿歌舞伎町にある風俗王藤堂グループのキャバクラ「ミントキャンディ」の店長を勤めるまでになっていた立花ですが、千鶴の裏切りにあい、新宿歌舞伎町を追われ、吉祥寺のキャバクラのボーイとなったところで終わりました。第7話はその吉祥寺から始まります。もとミントキャンディキャストの笑子と共に貯金し、ついに渋谷に自分のキャバクラ「レッドフェニックス」をオープンします。立花の従順な部下として働くことを誓った大滝、藤堂グループを追い出された神崎、そして元ナンバー1キャストの奈緒、立花の元にかつてのミントキャンディのスタッフが集まってきた。オープン初日、笑子の努力もあって順調な滑り出しを見せたレッドフェニックス。しかし、藤堂が宣戦布告に乗り込んでき、余裕たっぷりに「ミントキャンディでつかいものにならなかった奴らの吹きだまりか」と店内を見回し去って行きます。立花は自分を裏切った千鶴をミントキャンディから引き抜こうと千鶴に会いに行きます。千鶴はレッドフェニックスにやってくるでしょうか、立花は藤堂を倒すことができるのでしょうか。第7話も目が離せません。

黒い太陽の原作者、新堂冬樹についてです。2006年に永井大さん主演で話題を呼んだテレビ朝日系の金曜ナイトドラマ「黒い太陽」。その原作者は誰だかご存じですか。金融業界や夜の世界に精通し、芸能プロダクションを立ち上げるなど、マルチな才能を発揮している作家新堂冬樹さんです。今日はその新堂さんの作品を紹介したいと思います。新堂さんといえば黒い太陽のようにダークな世界を描いた作品も多いですが、今回ご紹介するのはラブストーリー。新堂さんの違った一面が見えてきます。そのタイトルは「ある愛の詩」です。松田翔太と黒木メイサさん主演でドラマ化されました。今日はそのドラマのあらすじをご紹介します。沖縄の青い海で育った七瀬拓海、彼はイルカのテティスと共に幼い頃から多くの時間を過ごしてきました。ある日、拓海はいつものようにテティスに会いに海岸へやってきましたが、時間に遅れたため、テティスは姿を見せてくれませんでした。拓海がテティスを待っていると、どこからともなく美しい歌声が聞こえてきます。拓海が声のする方を見るとそこには東京の音大生・流香。そして、その歌声に導かれるようにテティスが姿を見せます。二人はテティスに導かれるように出会い、互いに惹かれ合います。そして、2日過ぎ、流香は東京に帰り、ミラノの国際コンクールへ出場するためのレッスンに励みます。母が流香を捨て、ミラノへ留学したことが心の傷となっており、母の気持ちを理解するため、どうしてもミラノへ行きたかったのです。拓海は流香の笑顔が見たいと流香を追いかけて上京します。しかし、そこで流香の父がミラノへの留学費用を出さないと言っているのを聞いてしまいます。流香の留学費用を稼ぐため、拓海はホストになります。黒い太陽とはまた違った純愛小説、是非読んでみてくださいね。

昨年の夏、大ヒットしたドラマ黒い太陽。先ごろスペシャルで続編が放送されましたね。見られた方も多いと思います。その黒い太陽で主役を演じた永井大さんが、なんとフィットネスクラブの臨時インストラクターを務めることになったそうです。黒い太陽でも体脂肪率5%というすばらしい肉体を披露したイケメン俳優永井大さん。そんな永井大さんの直接指導を受けたい女性は多いでしょう。永井大さんがインストラクターを務めるのは、東京の新小岩にオープンした30分フィットネスクラブ「SaCut3(サクットスリー)」です。この「SaCut3(サクットスリー)」は永井大さんの父、雅夫さんがオープンさせたフィットネスクラブなんですよ。松濤館流空手6段の腕前を持つ雅夫さんは会社員のかたわら、新潟県の高校や道場で空手を教えていましたが、昨年の秋に、妻の明美さんが病に倒れ、看護環境や設備の整った東京の病院で治療を受けさせたいと、今年4月に上京したそうです。大さんにも背中を押され、定年まであと5年の会社を辞め、上京、フィットネスクラブのオープンへとこぎつけました。この「SaCut3(サクットスリー)」は1日30分間の運動を3ヶ月続けると3キロやせることができる、をテーマにしたフィットネスクラブです。ビリー隊長には負けません!と笑顔で語ってくれた雅夫さん。大さんの話題になると、息子にもインストラクターをお願いしているんですよ、と目じりを下げていた。

黒い太陽はテレビ朝日系の金曜ナイトドラマとして2006年に話題を呼んだドラマでしたね。永井大さん演じる立花篤が父の借金と入院費を稼ぐべく、毛嫌いしていた夜の世界に身を投じ、しだいにその虜となっていきナンバー1を目指す様子を描いたドラマです。特命係長只野仁や時効警察、トリックなど、社会現象にもなったヒット作を打ち出している金曜ナイトドラマ。そんな中で歴代5位という視聴率をたたき出した黒い太陽、先日、黒い太陽’07スペシャルも放送されたのでご覧になった方も多いと思います。今日はその黒い太陽の登場人物から滝沢沙織演じる奈緒についてご紹介したいと思います。奈緒は主人公立花が初めて働いたキャバクラ「ミントキャンディ」のNo.1キャスト(ホステス)でした。表ではどんな客も奈緒の前では骨抜きにされてしまうそんな凄腕のキャストですが、一歩裏に回るとプライドが高く、黒服や自分より売り上げの低いキャストのことを見下し、高飛車な態度をとります。主人公立花にも土下座をさせたり、靴を舐めさせたり、その女王様ぶりはなかなか見物です。しかし、立花が育てた千鶴がナンバー1となり、格下キャストとの闘いを強いられる中、ピンクソーダーに移籍。その後、立花に拾われ、彼の店「レッドフェニックス」で働きます。’07スペシャルでは、キャストを引退し、大手メーカーの社長ジュニアと結婚し、夜の世界と縁を切ったように見えましたが。奈緒にスポットをあててもう1度見てみると違った世界が浮かび上がってくるかもしれませんよ。


RSS関連リンク
恋の門
だったのだ。違和感を抱きつつも、ふたりは惹かれあっていくが…。【監督・脚本】 松尾スズキ 【出演】 松田龍平、酒井若菜、松尾スズキ、小島聖、塚本晋也、小日向文世、大竹まこと、大竹しのぶ、田辺誠一、片桐はいり、市川染五郎、忌野清志郎 【主題

きみはペット (5)
カンパニーの近くの公園で蓮實が大胆にも膝まくら→スヤスヤ→という展開には素直に幸せ感じ…と、蓮實の携帯に紫織(酒井若菜)から着信。続きを読む「きみはペット」を全て表示きみはペット DVD-BOX小川彌生 大森美香 小雪 おすすめ平均 大満足♪原作も

酒井若菜も美容整形だった?
そうです。現在は身長の数値は公表しているものの、スリーサイズは非公開としているようです。そんな酒井若菜さんにも美容整形の噂が・・・ 酒井若菜 美容整形前画像 美容整形後画像 酒井若菜の脳内 → BLOGRANKING いかがでしたか???随分と変わりましたね!しかし、目元は中途半端な

安田美沙子に関する記事
、安田美沙子ちゃん。グラドルからバラドルになりつつあるねw露出が少なめになってきているようだけど、メジャー前は大胆だったな?酒井若菜ブラウスのボタンが弾け飛んで両乳丸出し画像流出!←本日の一本...安田美沙子マニア 画像・動画・裏情報・作品 安田美沙子の

園田未来子 画像
五十嵐こころの芸能界デビュー!?タレコミ芸能情報 (続きを読む) キングコング レコード キングコング 梶原 雄太 69 キングコング 梶原 雄太 結婚 59 梶原 雄太 相手 55 梶原 雄太 ブログ 53 梶原 雄太 園田 未来子 51 梶原 雄太 熱愛 47 梶原 雄太 浮気 45 梶原 雄太 恋人 45 梶原 雄太 酒井 若菜 44 ...(続きを読む)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。