黒い太陽の第7話につ

黒い太陽の第7話についてです。藤堂冬樹さんの小説「黒い太陽」、2006年に永井大さん主演でドラマ化されました。深夜ドラマの歴代視聴率第5位という高視聴率を記録し、つい先日、黒い太陽’07スペシャルとして一夜限りの復活も果たしました。今日はその黒い太陽の第7話についてお話しします。黒い太陽は主人公立花篤がキャバクラのボーイからはじめて、夜の帝王へと成り上がっていく物語です。前回、新宿歌舞伎町にある風俗王藤堂グループのキャバクラ「ミントキャンディ」の店長を勤めるまでになっていた立花ですが、千鶴の裏切りにあい、新宿歌舞伎町を追われ、吉祥寺のキャバクラのボーイとなったところで終わりました。第7話はその吉祥寺から始まります。もとミントキャンディキャストの笑子と共に貯金し、ついに渋谷に自分のキャバクラ「レッドフェニックス」をオープンします。立花の従順な部下として働くことを誓った大滝、藤堂グループを追い出された神崎、そして元ナンバー1キャストの奈緒、立花の元にかつてのミントキャンディのスタッフが集まってきた。オープン初日、笑子の努力もあって順調な滑り出しを見せたレッドフェニックス。しかし、藤堂が宣戦布告に乗り込んでき、余裕たっぷりに「ミントキャンディでつかいものにならなかった奴らの吹きだまりか」と店内を見回し去って行きます。立花は自分を裏切った千鶴をミントキャンディから引き抜こうと千鶴に会いに行きます。千鶴はレッドフェニックスにやってくるでしょうか、立花は藤堂を倒すことができるのでしょうか。第7話も目が離せません。

黒い太陽の原作者、新堂冬樹についてです。2006年に永井大さん主演で話題を呼んだテレビ朝日系の金曜ナイトドラマ「黒い太陽」。その原作者は誰だかご存じですか。金融業界や夜の世界に精通し、芸能プロダクションを立ち上げるなど、マルチな才能を発揮している作家新堂冬樹さんです。今日はその新堂さんの作品を紹介したいと思います。新堂さんといえば黒い太陽のようにダークな世界を描いた作品も多いですが、今回ご紹介するのはラブストーリー。新堂さんの違った一面が見えてきます。そのタイトルは「ある愛の詩」です。松田翔太と黒木メイサさん主演でドラマ化されました。今日はそのドラマのあらすじをご紹介します。沖縄の青い海で育った七瀬拓海、彼はイルカのテティスと共に幼い頃から多くの時間を過ごしてきました。ある日、拓海はいつものようにテティスに会いに海岸へやってきましたが、時間に遅れたため、テティスは姿を見せてくれませんでした。拓海がテティスを待っていると、どこからともなく美しい歌声が聞こえてきます。拓海が声のする方を見るとそこには東京の音大生・流香。そして、その歌声に導かれるようにテティスが姿を見せます。二人はテティスに導かれるように出会い、互いに惹かれ合います。そして、2日過ぎ、流香は東京に帰り、ミラノの国際コンクールへ出場するためのレッスンに励みます。母が流香を捨て、ミラノへ留学したことが心の傷となっており、母の気持ちを理解するため、どうしてもミラノへ行きたかったのです。拓海は流香の笑顔が見たいと流香を追いかけて上京します。しかし、そこで流香の父がミラノへの留学費用を出さないと言っているのを聞いてしまいます。流香の留学費用を稼ぐため、拓海はホストになります。黒い太陽とはまた違った純愛小説、是非読んでみてくださいね。

黒い太陽原作者、新堂冬樹さんについてです。永井大さん主演でドラマ化され、大ヒットした「黒い太陽」、ごらんになった方も多いと思います。先日、黒い太陽’07スペシャルとして復活しましたね。こちらも楽しみにしていた方も多いのでは。今日はそんな人気ドラマ「黒い太陽」の原作者についてご紹介いたします。黒い太陽の原作者の新堂冬樹(しんどう ふゆき)さんは、1966年に大阪生まれました。なんとかつて闇金融の現場で働いていた経験を持つそうです。その経験を活かして、現在金融コンサルトとしても活躍中の作家です。1998年に「血塗られた神話」で作家としてデビューを果たし、第7回メフィスト賞を受賞しました。闇金融という裏の世界で働いていた経験を活かし、人間の金や女に対するどす黒い欲望を描写したノワール小説を描く「黒新堂」、そして、対極的に2003年に発表した「忘れ雪」のような純愛小説を描く「白新堂」、新堂さんには2つの顔があります。黒い太陽はタイトルの通り、黒新堂の代表的な作品と言えるでしょう。また、2007年の2月には芸能プロダクションの「新堂プロ」を設立。マルチな才能を発揮しています。芸能事務所を立ち上げるまで、2日で5時間の睡眠時間が丸2日徹夜して3日目5時間寝る生活になったそうです。10代の頃芸能界で働いていた経験を持つ新藤さん。その経験が忘れられずずっとタレントのプロデュースをしたかったそうです。黒新堂と白新堂の対極的な作風がタレントを育てる上での基本となるそうです。新堂プロからどんなタレントが出てくるか楽しみですね。

黒い太陽の主人公についてです。昨年夏、テレビ朝日系で放送された人気ドラマ「黒い太陽」。先日「黒い太陽’07スペシャル」として一夜限りの復活を果たしましたよね。地方の方はこれからの放送となるので楽しみにしていてくださいね。今日はそんな人気ドラマ「黒い太陽」の主人公についてご紹介いたします。永井大さん主人公の名前は「立花篤」。もともと建築士を目指していましたが、父が病気になり治療費を稼ぐために夜の世界へ身を投じました。彼が最初に働いたのは藤堂グループの「ミントキャンディ」です。そこで働く千鶴が親の借金を返済するためにホステスとなったことに共感し、好意を持ち始めます。彼女をナンバー1にしてみせると誓い、見事にミントキャンディの店長にのぼり詰めます。しかし、藤堂グループの社長であり、風俗王と呼ばれる藤堂猛は立花のことを後継者として指名した、ピンクソーダーの店長長瀬のかませ犬と見ておらず、主人公は次第に藤堂への復讐心を燃やすようになります。藤堂に近しい千鶴にも結局裏切られ、店をやめた主人公。1年後、キャバクラ「レッドフェニックス」をオープンさせオーナーとして藤堂へ挑む。一度は勝利を収めるが、売春斡旋の容疑で逮捕されてしまいます。しかも、移送のために警察車両へ乗る直前に元同僚に刺されてしまいます。ここでいったんドラマは終わります。先日放送されたスペシャルでは、新宿歌舞伎町のキャバクラの調理人として働いている場面からスタート。再びキャバクラのオーナーとして「One・Point」というお店をオープンさせた主人公は、藤堂グループを倒すことに執念を燃やしピンクソーダーからホステスを次々と引き抜いていきます。風俗王藤堂に立ち向かう主人公、今度こそ藤堂を倒すことができたのでしょうか。


RSS関連リンク
酒井若菜 エロ
酒井若菜は、インディアン(ネイティブ・アメリカン)が手作りしている、インディアンのオリジナルの酒井若菜で、自然物をモチーフとしたり、ターコイズやサンゴをあしらったりして作られていることが特徴です。遠い過去から守り続けている、アニミズムの思想をベースに作られます。インディアンの世界

こわい、こわい
って、 そういうのも、 できなくなってしまった。もう、 ピアス空けちゃおうかなって 思ってしまう。女優の酒井若菜ちゃんが好きなんだけど、 若菜ちゃんが 『お芝居で時代劇の役とかあった時のために、ピアスは空けない事にしています。』 ってインタビューを

こわい、こわい
って、 そういうのも、 できなくなってしまった。もう、 ピアス空けちゃおうかなって 思ってしまう。女優の酒井若菜ちゃんが好きなんだけど、 若菜ちゃんが 『お芝居で時代劇の役とかあった時のために、ピアスは空けない事にしています。』 ってインタビューを

安田美沙子のこと
、安田美沙子ちゃん。グラドルからバラドルになりつつあるねw露出が少なめになってきているようだけど、メジャー前は大胆だったな?酒井若菜ブラウスのボタンが弾け飛んで両乳丸出し画像流出!←本日の一本...安田美沙子 掲示板 安田美沙子さん、活躍されてますねぇ

木更津キャッツアイ ワールドシリーズ(櫻井翔)
!!相葉雅紀 松本潤 二宮和也 大野智 櫻井翔 最高10月21日(日) 14:35?16:54 OBS 金子文紀, 岡田准一, 桜井翔, 酒井若菜, 岡田義徳, 内村光良 最近、自分の好きなタレントさん&俳優さんを満喫してる感じです?幸せだ?(*^_^*) では


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。