黒い太陽の主演、永井

黒い太陽の主演、永井大さんに関する情報です。2006年に永井大さん主演で話題を呼んだテレビ朝日系金曜ナイトドラマ黒い太陽」。先日、黒い太陽’07スペシャルも放送されこちらも話題になりました。今日はその黒い太陽で主役を演じた永井大さんについてご紹介致します。黒い太陽は主人公立花篤がキャバクラのボーイからはじめて、夜の帝王になりあがっていくという物語です。’07スペシャルでは前作以上に非情で冷酷な男として登場します。人を道具として扱うその非情さに最初永井さんはとまどいがあったそうです。しかし、一歩間違えば死ぬかもしれない、そんな立場になれば非情になりきれる、また、男として逃げずに立ち向かっていく立花に元気をもらえると振り返っています。昨年の連ドラの撮影時には2日で6キロの減量に挑戦したそうです。どれくらい役にかけているか自分との闘いだったと語る永井さん。永井さんに大きな影響を与えたのは砂の器で共演した渡辺謙さんなのだそうです。「演技で謙さんと勝負しても勝てない。気持ちや肉体的な部分で何か一つ自信を。」と語る永井さん。この黒い太陽はそれだけ思い入れの強い作品ということでしょう。今回のスペシャル、通常の連ドラと違って二週間の撮影スケジュール、それだけ短い時間で立花を演じきれるか不安もあったそうです。ようやく立花を分かってきた、というところで撮影が終わってしまって寂しいと語る永井さん。スペシャルではまとめきれない立花の魅力、また連ドラで演じてみたいと意欲を燃やしていました。

黒い太陽の第2話についてです。テレビ朝日系金曜ナイトドラマ黒い太陽」ご存じですか。昨年、永井大さん主演で話題を呼び、歴代視聴率第5位を記録しました。今日はその黒い太陽の第2話についてご紹介致します。物語は全8話。主人公立花篤が建築士の夢を抱きつつも、父の借金と入院費を稼ぐために夜の世界に身を投じます。夜の世界を嫌いながらも次第にその魅力に取り憑かれていき、風俗王藤堂を倒すため、夜の世界で成り上がっていく物語です。それでは第2話についてご紹介いたします。前回、客を殴ったことにより、謹慎処分になった立花。しかし、社長の藤堂は謹慎が終わったら立花をホール長へ昇格させるといいます。夜の世界で働くことに未だ抵抗感がある立花は藤堂に連れられて、キャバクラ「ピンクソーダー」へ行きます。そこで、ホール長長瀬と出会います。彼の無駄のない動き、見事な客の扱いに目を奪われた立花は、彼だけには負けたくない、と対抗意識を燃やします。そんなとき、一度は断られた設計事務所から空きが出来たから働かないか、と立花に電話がかかってきます。自らの夢を実現できると喜んだのもつかの間、入院費を催促され、お金のない惨めさを改めて思い知らされます。設計事務所の月給は16万。それに対し、ホール長になれば、80万を稼げる可能性があります。キャストの担当になればキャストの売り上げの10%がさらに上乗せされます。立花は設計事務所への就職を蹴り、お金のために夜の世界で生きていく決意をします。金のため、と奈緒の裸で土下座をしろという要求にも従い、ホール長になったことによる黒服のいじめにも耐えます。そしてある日、千鶴が立花と同じように親の借金を返すためにキャストになったことを知ると、千鶴に「あんたをナンバー1にしてみせる」とつぶやきます。黒い太陽としての一歩を歩み出した瞬間です。第2話も目が離せませんよ。

黒い太陽原作者、新堂冬樹さんについてです。永井大さん主演でドラマ化され、大ヒットした「黒い太陽」、ごらんになった方も多いと思います。先日、黒い太陽’07スペシャルとして復活しましたね。こちらも楽しみにしていた方も多いのでは。今日はそんな人気ドラマ黒い太陽」の原作者についてご紹介いたします。黒い太陽の原作者の新堂冬樹(しんどう ふゆき)さんは、1966年に大阪生まれました。なんとかつて闇金融の現場で働いていた経験を持つそうです。その経験を活かして、現在金融コンサルトとしても活躍中の作家です。1998年に「血塗られた神話」で作家としてデビューを果たし、第7回メフィスト賞を受賞しました。闇金融という裏の世界で働いていた経験を活かし、人間の金や女に対するどす黒い欲望を描写したノワール小説を描く「黒新堂」、そして、対極的に2003年に発表した「忘れ雪」のような純愛小説を描く「白新堂」、新堂さんには2つの顔があります。黒い太陽はタイトルの通り、黒新堂の代表的な作品と言えるでしょう。また、2007年の2月には芸能プロダクションの「新堂プロ」を設立。マルチな才能を発揮しています。芸能事務所を立ち上げるまで、2日で5時間の睡眠時間が丸2日徹夜して3日目5時間寝る生活になったそうです。10代の頃芸能界で働いていた経験を持つ新藤さん。その経験が忘れられずずっとタレントのプロデュースをしたかったそうです。黒新堂と白新堂の対極的な作風がタレントを育てる上での基本となるそうです。新堂プロからどんなタレントが出てくるか楽しみですね。

黒い太陽の原作に関する情報です。昨年放送された永井大さん主演の人気の深夜ドラマ黒い太陽」。黒い太陽2007スペシャルとして一夜限りの復活を果たしましたよね。今日はその原作についてご紹介いたします。黒い太陽の原作、実は新宿歌舞伎町のキャバクラ店長も思わず絶句したほどリアリティあふれる作品となっています。キャバクラに行ったことがない人でも、この本を読むと業界の表はもちろん裏側まで分かってしまいます。キャバクラに行ったことがある人は、リアリティがありすぎて、逆に行きたく無くなるかもしれませんので要注意です。また、キャバクラを経営しようと考えている人は、この作品を読んで、いま一度、じっくり考えてみるとよいでしょう。どんな世界もそうですが、経営するには大変な努力と苦労が伴います。皆さんが考えているほど甘くはないということを思い知るでしょう。さて、ストーリーについてご紹介します。主人公は池袋のキャバクラで働く新人黒服の立花篤です。彼は乳の入院費用を稼ぐため、水商売の世界へと足を踏み入れました。夜の世界を嫌悪していた立花は、家庭の事情で夜の世界の住人となったナンバー1キャストの千鶴を店での唯一の救いとし、同じく千鶴も密かに立花に好意を抱いていていました。風俗王と呼ばれる藤堂にその才能を見込まれ、ホール長である長瀬に刺激を受けた立花はやがて夜の世界の魅力に取り憑かれていきます。しかし、立花は同僚の執拗な嫌がらせにあい、さらに夜の世界の虜となった立花から次第に距離を置くようになった千鶴の前から去り、渋谷で新たなキャバクラを立ち上げます。そして風俗王のいすを藤堂から奪うべく主人公は黒い太陽と化していきます。機会があれば是非原作も読んでみてくださいね。


RSS関連リンク
黒い太陽
お前が何かに傷ついたときに お前が自分を責めてしまうときに 俺はギュッと強く抱きしめるだろう そして耳元でこう言うだろう 『人間ってそんな立派なものかい?』『人生ってそんなカッコいいものかい?』 誇れるものだけじゃないさ人間だろう 全部抱きしめて

黒い太陽
太陽が8つくらいある夢を見た。少しモヤのかかった昼間の太陽。複数の太陽を見る夢は情緒不安定らしい…。どうした!?私…。

hero ドラマのご紹介木村拓哉
の口コミと評判 ) 富士通 の元社長の話でもない。日本国の 内閣総理大臣 の話。【カ行】 ガリレオ がんばっていきまっしょい 黒い太陽 黒い太陽07スペシャル ガチバカ クロサギ 華麗なる一族(木村拓哉) 傷だらけのラブソング GOOD LUCK(グッドラック) 結婚できない男 恋におちたら 今週 だとし

汚職クチコミ情報
ディメンション」配信中。... ある政治家の 汚職 の鍵を握る村岡という男の暗殺指令を受けた3人は……。... ranking 『 東京大学物語 』、『 ITバブルと寝た女たち 』『 黒い太陽 SP』の三津谷葉子。... ranking 『GUN CRAZY Episode3

■プチ幸田露伴〓
結局、先日の黒い太陽'07SPは井上和香ほとんど出ず。つまらんかったなぁ?。なんか続きでもあるような終わり方だったと思うが、 どーなるんだろう?でもストーリーにはほぼキョーミねぇんだ、「黒い太陽」に関しては。キャストの充実を求む!


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。