黒い太陽。新堂冬樹さ

黒い太陽。新堂冬樹さんが書かれた小説です。夜の世界の裏側、人間関係など、その業界の人を唖然とさせるほど詳しく書かれていてとても面白い作品に仕上がっています。その黒い太陽、実は2006年にドラマ化されていたのをご存じですが。永井大さん演じる立花篤がキャバクラのボーイから夜の世界でナンバー1になっていく過程を描いたドラマとして大ヒットしました。今日はその黒い太陽の中から主人公立花が立ち向かっていく相手伊原剛志演じる「藤堂猛」にスポットをあててみたいと思います。藤堂猛は風俗王と呼ばれ、立花が最初に働いたキャバクラ「ミントキャンディ」や「ピンクソーダー」、イメクラなどを経営し年商300億、年収10億を超える藤堂観光の社長です。両親の借金の返済と妹の養育費のためキャバクラのキャストとして働く千鶴の幼なじみでもあり、彼女の借金を肩代わりしています。立花を長瀬の噛ませ犬として育て、反抗するとゴミのように捨てるその非情さ、そして完膚無きまでにたたきのめす様は見ていて圧巻です。藤堂は立花が自分の店レッドフェニックスを出店すると、その正面にキャバクラをオープンさせ、不動産賃貸人や人材派遣元に圧力をかけていき、さらには立花の店からキャストを引き抜くなど立花を追いつめます。しかし、それでも立花は立ち向かっていき、一度は藤堂が敗れてしまいますが、今度は立花を逮捕に追い込みます。弱い者は徹底的に踏みつけ、風俗王になった今も上を目指す藤堂、彼の見つめる先には一体何があるのでしょうか。

黒い太陽’07スペシャル、皆さんはご覧になりましたか。これから放送される地域もあるようですね。さてこの黒い太陽’07スペシャル、実は昨年放送され話題を呼んだ金曜ナイトドラマ黒い太陽の続編なのですが、ご存じでしたか。黒い太陽’07スペシャルは1年後の永井大さん演じる立花篤と彼を取り巻く世界について描かれています。今回は、本編のドラマの登場人物についてご紹介いたします。その前にご存じない方もいらっしゃると思うので、簡単に黒い太陽についてご説明いたします。黒い太陽は永井大さん演じる立花篤が、父の借金と入院費を稼ぐため、建築家の夢を諦め、夜の世界へと踏み入れるところから始まります。初めは夜の世界を嫌っていた立花ですが、次第にのめり込んでいき、夜の世界でのナンバー1にのし上がっていくという物語です。夜の世界の中でもキャバクラを舞台にしています。たくさんのキャスト(ホステス)、黒服が登場してきますが、その中から冬海についてご紹介いたします。冬美は立花が勤めるキャバクラ「ミントキャンディ」と同系列の「ピンクソーダー」のナンバー1キャストです。一月で2000万を売り上げる冬美は周囲の目を一気に引きつける華やかさを持っています。自らキャストとしての自分の実力を鼻にかけており、ミントキャンディのキャストを見下しています。立花の引き抜きの話に時給3万円と1000万円の支度金を用意するよう求め、彼が金を用意すると、立花をあざ笑い交渉に応じませんでした。しかし、風俗王藤堂の心が自分ではなく千鶴に向いてことが許せず、立花に接近し、千鶴のクビを条件に移籍話を持ちかけます。

黒い太陽の長瀬慎太郎についてご紹介いたします。2006年に放送されたテレビ朝日系金曜ナイトドラマ黒い太陽」、キャバクラという夜の世界を舞台にして大ヒットしました。先日、黒い太陽’07スペシャルも放映され、ご覧になった方も多いのではないでしょうか。ストーリーは建築士を目指す主人公立花篤は父の借金と入院費を稼ぐためキャバクラのボーイとして働き始めます。同じような境遇の千鶴に共感し、夜の世界で働くことに抵抗を覚えながらも働き続けます。そして次第に夜の世界の虜となって行き、夜の世界のナンバー1になる様子を描いています。今日はその主人公立花篤のライバル、長瀬慎太郎についてご紹介いたします。長瀬は立花が働くミントキャンディと同じ系列のピンクソーダーのホール長でした。風俗王藤堂が後継者に指名したやり手です。立花が藤堂に連れられピンクソーダーに来た際、長瀬にその鮮やかな客裁きを見せ付けられ、「俺の仕事を盗みにきたか、100年経っても無理だ」と言われ、以後、立花は長瀬に対抗心を燃やします。そして藤堂が立花は長瀬のかませ犬である、と言っているのを聞き、さらにその対抗心を燃やす立花。彼はやがて「レッドフェニックス」をオープン。その目の前にオープンしたホワイトイブ。そこの店長にと藤堂が送り込んだのが長瀬でした。しかし、立花の前に長瀬の店は敢え無く閉店に追い込まれてしまいました。黒い太陽’07スペシャルでは社長の藤堂に次ぐ藤堂グループナンバー2として再登場します。

黒い太陽の神崎一郎についてです。2006年、テレビ朝日系金曜ナイトドラマで話題を呼んだ黒い太陽、ご存じですか。永井大さん演じる主人公立花篤がキャバクラのボーイから夜の世界のトップへとなりあがっていく物語です。夜の世界の裏側、複雑な人間模様などが鮮明に描かれており見る者を飽きさせないドラマです。キャバクラを舞台としているので華やかなキャスト(キャバクラ嬢)も数多く出演しています。今回はそのキャストを支える黒服をご紹介いたします。今回ご紹介するのは渡邉邦門さん演じる神崎一郎です。 神崎は立花が初めて黒服として働いたキャバクラ「ミントキャンディ」のサブマネージャーでした。大滝店長のミスにより新店長に就任します。しかし、立花にその座を奪われてしまい、ホール長に降格させられます。それ以来、立花をライバル視するようになります。その後、社長の藤堂によりイメクラに左遷され、店長にまで昇り詰めますが、店をつぶして失踪してしまいます。藤堂から追放され、藤堂を倒すという同じ目的を持つ立花に接近します。立花がキャバクラ「レッドフェニックス」を出店する際にはスタッフとして迎えてもらいます。立花の幼なじみ久美子をキャストとして夜の世界に引き入れるなど強引な一面を持っていますが、キャストの扱いは誰よりもうまく、立花の良き戦友となります。しかし、立花が原因で久美子がレッドフェニックスを辞めたことを知ると激高し、立花の前から去っていきます。2007年スペシャルでは藤堂を倒すため再び立花と手を組みます。


RSS関連リンク
ENDS DIGI×UNPLUGGED LIVE[ ACOUSTIC Style ]
それから…ここらから記憶が曖昧で(汗) 多分、SWEET DREAMS FOREVER。もう、せつなくて、狂おしい感情が溢れるような勢い、熱さでした。素敵だった(*^^*) 黒い太陽。濃厚で艶やかさが増して、どこか哀しげな感じ。ギターがセツナゲなフレーズで、大人

[タイトルなし]
なんか黒い太陽の記事の下にキャバ嬢の盗撮なんたらとかいうトラックバックがついてるよ・・・オモシロw 今期のドラマは、働きマンと探偵ガリレオだけ見てみたけれど、不作でした。ガリレオは見れないことはないというレベルだし、働きマンにいたってはやはり漫画的効果(仏像

ライトノベルの話
hpですが、「電撃の黒い太陽」こと藤原さんの次作短編の宣伝マンガがあるというのでそっちも確認。 「なんてスクイズ?」なイラストを発見(← きっと黒い太陽ですからやってくれますよ(鬱的な意味で 短編がギャグ調だなんて古い常識はきっと覆して

ガンダムについて調べるとガンダムOO
32 CLANNAD 33 黒い太陽 34 ガンダム 35 安田忠夫 36 ダンテ 予想GUY 37 ALD 38 ロト6…繰越額5億円に だから ガンダムOO面白い!!まさかハマるとは…やられたよ…。アレルヤとティエリアが好きだ…orz(分かりやすい腐女子だな) 通勤中はひたすら、 MiriamStockley【Miriam】聴いてます。

ガンダムooが示す日本の未来ガン
32 CLANNAD 33 黒い太陽 34 ガンダム 35 安田忠夫 36 ダンテ 予想GUY 37 ALD 38 ロト6…繰越額5億円に 介護 は置いといて、それかやはり二部構成なようです(`・ω・´)フンーッ 3月まで放送して休止したのち、第二部が放送!!!!いい作品にな


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。